ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
<< テーブルウェアフェスティバル2020 | main | WINDOWS10 >>
マカオ旅行-その後-


新型コロナウイルスは収束する処か、
いつ収束するか見通しが立たない状況。
客船に踏み留まらされた人たちの事を思うと、
身につまされる。
2月に入ってから毎日気持ちは揺らいでいた。

 

そんな中、6日にJALとANAが3月末まで出発分の払い戻し手続きを
始めると、発表。
航空会社はANAとのコードシェア便とは言え、マカオ航空。

 

ホテルと飛行機の予約をしたのは、Expedia。
ANAに直接予約するのに比べおよそ半額だったから・・・

色々net検索していたら、Expediaで予約した「返金不可」のホテルから
返金して貰えた人がいた!
ダメもとでやってみることにした。

 

まずは、ホテル。
1.ANAが英語に翻訳した公的な文書を添付し、(前の職場で頻繁に

 使っていたDear, Sinerly yoursを駆使し)丁寧なメールを送る
2.予約時にダブルベッド/ツインベッドの金額設定で掲載されていた

 ものを、ツインベッドでリクエストしていたので、そのメールに送信
3.状況を理解してくれ、「旅行会社に連絡すると双方で話し合うと」
 回答がすぐ来た
4.2週間ほど前から、予約時に送られてきていたLINEにキャンセル料

 の事で聞くと、混雑を理由に何度も放っておかれ、真夜中とか早朝に

 返事が来ていて埒が明かない。
  また、Expediaにキャンセル料の事で聞こうと電話していたが、4回線

 全てが繋がらず、HPからのメールの問い合わせ画面でも(48時間以内に

 返事をするとなっているのに)回答は無く、途方に暮れていた
5.電話とメールは諦めLINEに、問い合わせではなくキャンセル

 ということを入力すると、すぐ返事が来たので、(何度も入力した)

 必要事項を入力したら、マカオのホテルの担当者に確認ができ、

 全額返金となった(いえい!

 

航空券は出発の24時間前までキャンセル手数料が@¥12,000ということで、
24時間前にしても今キャンセルしても同じなので、このまま1週間位まで
待ってもいいのでは?と提案され、そうすることにした。

 

マカオ航空のHPを見ると、昨日とは変わって今日は、
3月末まで出発分の払い戻し手続きを始めると、発表。
が、中国大陸は全額返金払い戻し手数料免除だが、それ以外は
「払い戻し手数料は免除の対象になりません」とのこと。

 

マア、まだ日にちがあることだし、航空券はしばらく様子をみることにした。
フウ〜(汗

 

 

 

0
    | hatchmam的地球の歩き方 | 09:54 | comments(0)|
    スポンサーサイト
    0
      | - | 09:54 | -|









          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE
      + OTHERS
      + PR
      このページの先頭へ