ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
<< 肛門嚢炎 | main | 肛門嚢炎-その後- >>
ベルギー的愛犬考

我が家にハッチがいるので、何処にいてもやはり目に付く。
アール・ヌーボー建築を探していたとき、
一般のお家の窓にこんなシャレたシール?が貼ってあった。

 

地下鉄の中でバッグに入っていた

ミニチュアダックス。
アレ?欧米では、乗り物に乗るときバッグに

入れなくても良かったのでは?
写真を撮ってもいいか聞いたけど、

何故バッグに入れていたのか聞き忘れた・・・

 

 

アントワープのお店の前で仲良く寛いでいたワンズ^^
その近くにあったペットショップ?の看板。

 

(衣装持ちの)小便小僧に服が送られ、演奏楽隊

と一緒にニセ小便(=水)を出すカートに

一緒に乗せらていたワン^^

 

 

ブリュッセルの空港でお巡りさんに連れられていたジャーマンシェパード。
これからお仕事をするのにくどくど聞くのも憚れたので、写真撮影の許可しか取らなかった。
「僕は写さないでくれよ!」とは、お巡りさんのシャレた言葉。

 

 

ブリュッセルの空港でもピアノがあり、

弾いていた人がいた。
ピアノには、”Sure you can play, but please play me gently”
と書かれていた。
このメッセージもシャレてるでしょ^^

 

最後に・・・日本もこんな風にペットと人とが自然に生活できる様な社会に
なって欲しいな〜と思ったhatchmamなのでした。

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

 

0
    | hatchmam的地球の歩き方 | 09:44 | comments(0)|
    スポンサーサイト
    0
      | - | 09:44 | -|









      トラックバック機能は終了しました。
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE
      + OTHERS
      + PR
      このページの先頭へ