ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
<< 片方の手袋 | main | ただいま〜 >>
三井家のおひな様

 

掛け持ちしている元在職研究室の
インド人の女性研究員が今年度(今月)で、
帰国すると聞き、毎年この時期
この催事があった事を思い出した
何年か前に雅叙園にお友達とおひな様を
見に行った時、どちらにするか迷ったことが

あったンだよね。

 

彼女にその話をすると、即答!
二人の都合のいい日が丁度雛祭りの日となった訳で・・・
彼女は研究室でも控えめで、ひょっとすると日本人よりも控えめかも。

              チューリップ---彼女の事は次ページへ

 

お雛様は想像通りゴージャスで、鑑賞後のランチは

ベジタリアンの彼女に合わせ、千疋屋でナント!

フルーツサンドとシーフードのパエリヤをシェアムード
味はどちらも美味しかったけど、量が上品すぎて

・・・リピは無いかな〜

続いて、予てから連れて行きたかった折り紙会館でんしゃ

その前に、地下鉄を湯島で降りて梅祭りが開催中の湯島天神足
梅は・・・祭りというには情けないほど本数が少なく、
わざわざ出かける程ではない、かな〜

 

御朱印帳に記帳して貰っている間、今年引き忘れた

という(英語版)おみくじを引いたり、有名な甘酒を

飲んだりして楽しみ、次の目的地へ足

こんな時、Googleマップはホント便利グッド
一度持ってしまうと、無い生活は考えられない。
依存症になる気持ちも解らなくないな〜

 

 

折り紙会館では、エッ!これも紙?と何度思った程、
紙の域を超えている作品の山。

 

 

 

 

 

 

 

が、催事室での作家?さんも目の前で色んな物を

作ってくれた先生?もどちらも、結構なお歳を召していた。

折り紙は未来永劫残ってほしいと思っているので、若く活力に満ちた
後継者がいるのか、気になるところ。

 

日本の優れた職人は、後継者不足に悩んでいるそうだから、
ここは国を挙げてバックアップしないとね。

さて、火点し頃になり喉も渇いたので駅近くのカフェでお茶をした後、
帰路に着いた二人なのでした。

 

チューリップ チューリップ 彼女のこと チューリップ チューリップ

 

3.5年間住んでいたのに日本語は殆ど解らず、行動も控えめで、
hatchmamの知る限りでは、一日のハトバスツアーで東京を観光した時、
研究室の学生と箱根に行った時、インドから来たお友達と富士山に
行った時とか、全て人任せ。

 

hatchmamは、考えられないな〜
例え言葉が解らなくても、便利なスマホがあるンだから
世界中何処へでも行ける、はず。

 

給料は十分貰っていると思うし、家族に送らなければならないほど
家は貧しくない様だし、不思議なので聞いてみたら・・・
地下鉄が怖い、とか。

 

週末を一緒に過ごすのは、十日市場に住んでいるという同郷の家族が
殆どで、大学の宿舎で知り合ったブラジル人の研究員が友達で、
日本語が話せないので、日本人の知り合いはいない。
寂しくないのかな〜 ←余計なお世話?

0
    | 心をほぐすもの | 10:01 | comments(0)|
    スポンサーサイト
    0
      | - | 10:01 | -|









      トラックバック機能は終了しました。
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE
      + OTHERS
      + PR
      このページの先頭へ