ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
<< バレエ鑑賞 | main | Appleの姿勢 >>
草間彌生 & ミュシャ

開催期間中観に行こうと思っていた所、
BSの特集番組を見て俄然観たくなり、
国立新美術館のある乃木坂へ。
早くしないと終わっちゃうしね。
想像通り、元気を貰いに来た人が大勢いて、

売店のレジは長蛇の列ダッシュ

 

入場すると両側の壁一杯に展示された絵にまず圧倒される。
色も原色が多く独特だからね〜
次の部屋に移動すると、TVで見た富士山。

 

TVでは、車椅子からやっと立ち上がり、これといった意図も無く
描いていた様に見えていたけど、出来上がった絵は纏まっている。
不思議だ〜

やはり、凡人とは違うのね。

 

 

 

 

彼女は幼い頃から幻聴と幻覚に悩まされていて、
逃れるために絵を描き始め、病院とアトリエで殆ど過ごしてきたとか。
(失礼ながら)88歳とは見えぬ眼力に尋常ではない物を感じた。

 

更に、すぐ上の階で開催されていたミュシャ展へ。
昨年行ったプラハのミュシャ美術館には、”スラブ叙事詩”は無かったnull
チェコ国立美術館にあったらしい。

 

”スラブ叙事詩”は、パリ時代のアール・ヌーボー様式の絵とは
一線を画していて、歴史に翻弄されたチェコその物を表している。
戦時中、世界中で文化人は危険人物として迫害されてきた。
ミュシャも然り・・・

 

戦争はしてはいけません。

 

 

 

| 心の糧 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:31 | - | - |









http://hatchmam.jugem.jp/trackback/722
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ