ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
湘南さんぽ@鎌倉

うっとうしい季節になりましたね。
避けてばかりいてもしょうがないので、
紫陽花に対峙すべく本場?へムード
が、予定した日の朝横須賀線が不通との
テロップがTVの画面に出て・・・
急遽、市営地下鉄で湘南台まで行き、
小田急線で藤沢、江の電で鎌倉へでんしゃ

 

家から東京方面へ行くのと同じ時間のはずだったのに、
鎌倉駅に着いたのはお昼前たらーっ
まず、八幡宮の側の紅谷でクルミっ子

切り落としをget!

 

お腹がすいたので、たれの香ばしい香りに釣られてうな重ランチ。

続いて、鶴岡八幡宮の目と鼻の先に来ているんだから、お参りしないわけにはいかないよね。

 

御朱印帳にも記帳してもらい、雨が激しく

降ってきていたので、当初予定していたJR北鎌倉の

明月院に行くか、江の電で長谷寺に行くか

検討した結果、長谷寺へでんしゃ

 

長谷寺に着いて、拝観料を払おうとお財布を出そうと思ったら・・・
無い!!バッグの中を全て出しても無い!!エェーッ! ウッソ〜
一瞬頭は真っ白ムニョムニョ
お友達に言われて、神宮に電話してみたら預かっていると聞いて、ホッ!
賢明な皆さんは、こんなポカはしないですよね。バカバカ

 

長谷寺の紫陽花は、入場時に整理券を渡され、30分程雨の中
待たされた後入場するも、4分か5分咲きといった程度。
平日で横須賀線が不通で雨だからそれほど混んでいないと思ったけど、
甘かった〜

 

ツアーで来ている人たちも大勢いたし、小学生や高校生の遠足如き団体はいるはで、何処に行っても大混雑モゴモゴ
情緒もなにもあったもンじゃない。

 

それにしても・・・
”我が国は治安の良い国である”ということが証明が出来た日でした。
これからは、この事を肝に銘じて外出しないとね。

 

 

 

| 私のお出かけ | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
趣味と生業の境

 

お友達のお嬢さんが習っている教室で
バイオリンの発表会があるということで、
鑑賞しに鶴見にお出掛け路線バス
彼女は、ロンドン在住の幼稚園児時に
バイオリンを習い始め、滞在させて貰った時、
毎朝ギ〜ギ〜とキラキラ星を練習していた。

 

 

その彼女が、今やJK(女子高生をこう呼ぶとか)で、
ギ〜ギ〜どころか、間違わずに演奏ができ、曲になっていた←あたりまえ
体格も、ママを追い越してしまったとか・・・

 

大人になってしまうと1年の違いなんて殆ど無くて、
アチコチ減退してきて、色んな物で補正?をしなければ
ならなくなってくるのに、子供の成長には目を見張るものがあるね。

 

彼女の前に演奏した男の子の兄弟は素晴らしく、小学校の低学年でも
ビブラートがしっかりできていて、高校生と思った中学生の兄の方は、
プロの様な演奏で感動すらした拍手

 

帰る時に偶々その家族と一緒になりお友達が兄弟の演奏を褒めたら、
これから反省会をすると話していた。
バイオリンもケタ違いに良い物を使っているとか。
志が高い人(親)は思い入れが強く、ド素人には解らしまへんな〜

 

 

 

 

 

| 私のお出かけ | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京さんぽ@王子

先月のバレエの発表会に同行したお友達の、お友達の

墨絵の発表会が同じ場所であるということで、北とぴあでんしゃ
墨絵と言うと、竹のイメージしか無くて和風の絵かと思っていたら、

外国のお城があったり、ペットや前衛的な作品まであって目から鱗だった。

 

ランチはお友達のお勧めのTRATTORIA Infante

(トラットリア インファンテ )というイタリアンディナー
写真を撮り忘れたけど、前菜、パスタ/ピザ、飲み物で野口さん一枚。
かなりコスパがいい。

 

デザートに葛餅を食べに石鍋商店足
お腹一杯になったので、エネルギー消費に

王子稲荷神社へ↓
ここは、歌川広重に描かれたり、「狐の穴跡」が残されていたり、「願掛けの石」があったりして、面白かった〜
大晦日には、狐のお面をかぶった人達の行列が見られるとか・・・

 

 

 

 

 

 

 

続いて、名主(なぬし)の滝公園へ↑
王子村の名主畑野家が、その屋敷内に滝を開き茶を栽培して、
一般に人々が利用できる避暑のための施設としたとか。

都内23区の公園の中に4つの滝があるなんてねぇ。

 

更に、王子神社足
二人とも御朱印帳を忘れたたらーっ
作法に従いお参りし、駅に戻った

二人なのでした。

以外に?楽しめた王子だったな〜

 

 

 

 

 

| 私のお出かけ | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
面白家族

 

自由が丘に住んでいるお友達と
久しぶりのランチムード
こんなに近くに住んでいて、
先月もここに来ていたのに、いつのまにか
年賀状のやり取りのみになっていたたらーっ

 

一回り以上も年下の彼女とは、札幌の国際情報コーナーの
カウンターに一緒に座り、外国人に市内の情報を提供する
外国語ボランティアで知り合った。
そして、彼女のご主人は警察の捜査二課のキャリア組!!だから、

数年後に霞が関に戻って行った。

 

ある年彼女一人で札幌に来ることがあり、

我が家にお泊まりしたことがあった。
その後、ご主人のロンドン赴任で家族で移住し、
ゲストルームがあるので遊びに来るように毎年誘われていた。
そんな中日本に戻ることになったと聞き、彼女らが帰国する
数か月前に急きょ渡航した飛行機

 

それも、もう10年程前の話。
ロンドンで彼女の長女(幼稚園生)がバイオリンを習っていて、
毎朝ギコギコしていたのを覚えている。
その彼女が、今はあの愛子さまと同じクラスだというのだからねぇ。

 

前に会った時、彼女のお腹の中にいた長男が今は小学2年生。
彼の話がまた興味深い。
彼自身のエピソードも面白いが、彼は学芸大学の小学校に
通っていて、学校のシステムも面白い。
近所の姪からこの学校の話は聞いていたので、興味深々。

 

義兄に、「本を出してもいいくらい面白いお友達が多いね」と
言われたことがあったけど、彼女の家族全員の話は特に面白かった。
彼女自身は何事にも開けっぴろげで裏が無く、似たものを感じる・・・
食に纏わることが好きで、テーブルコーディネーターになりたいと
話していたことがあったけど、その後どうなったのかな?

 

今ご主人は富山に単身赴任中とかで、学校帰りに会った長男が
自宅に来るように誘ってくれたが、突然なので遠慮した。
数年後、この家族全員がどうなっているのか想像がつかない。
楽しみだワ〜

 

 

 

 

| 私のお出かけ | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
草間彌生 & ミュシャ

開催期間中観に行こうと思っていた所、
BSの特集番組を見て俄然観たくなり、
国立新美術館のある乃木坂へ。
早くしないと終わっちゃうしね。
想像通り、元気を貰いに来た人が大勢いて、

売店のレジは長蛇の列ダッシュ

 

入場すると両側の壁一杯に展示された絵にまず圧倒される。
色も原色が多く独特だからね〜
次の部屋に移動すると、TVで見た富士山。

 

TVでは、車椅子からやっと立ち上がり、これといった意図も無く
描いていた様に見えていたけど、出来上がった絵は纏まっている。
不思議だ〜

やはり、凡人とは違うのね。

 

 

 

 

彼女は幼い頃から幻聴と幻覚に悩まされていて、
逃れるために絵を描き始め、病院とアトリエで殆ど過ごしてきたとか。
(失礼ながら)88歳とは見えぬ眼力に尋常ではない物を感じた。

 

更に、すぐ上の階で開催されていたミュシャ展へ。
昨年行ったプラハのミュシャ美術館には、”スラブ叙事詩”は無かったnull
チェコ国立美術館にあったらしい。

 

”スラブ叙事詩”は、パリ時代のアール・ヌーボー様式の絵とは
一線を画していて、歴史に翻弄されたチェコその物を表している。
戦時中、世界中で文化人は危険人物として迫害されてきた。
ミュシャも然り・・・

 

戦争はしてはいけません。

 

 

 

| 私のお出かけ | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
バレエ鑑賞


新聞でバレエを無料で観られることを知り、
会場近くに住んでいたお友達を誘って王子へでんしゃ
札幌でプロのバレエを観たことがあるけど、
チケットは高いンのよ〜
多分、関係者がノルマのチケットを捌ききれず、
空席にしておくよりは良いという事で、
配ることにしたンでしょうね。

 

学生時代のサークルのコンサート開催時に

ノルマを捌くのに大変だった記憶がある・・・

主催は”スタジオ・アロンジェ”ということで、電話で申し込んだ時に、
スターも出演すると言われたけど、業界の情報は殆ど知らず、
只綺麗なバレエを観たかっただけ。

 

お友達は、子供が小さい時にこの地でバレエを習わせていたので、
コンサート開催時のママの大変さを隣で話していた。

幼児のバレエの可愛さには思わず皆顔が綻びた拍手


また、一瞬のブレも無い男性のソリストが素晴らしく、
たち振る舞いが熊川哲也に似ていると思い、

パンフレットで確認し浅川義和とみたひらめき

後でググってみたら、やはり彼はKバレエカンパニーに所属していたひらめき

 

観客を飽きさせない、衣装から年代まで変化に富んだ構成で、
ずっと観ていたかったけど、4部まであり4時間以上もあった。

お尻が痛くなり2部が終わり15分のインターバルで、休憩に席を立った。
本当は最後まで観たかったけど、元の席に戻る元気も無く帰宅の途へでんしゃ

 

万が一子供がいて女の子だったら、バレエを習わせていたかもね〜

 

 

 

| 私のお出かけ | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京散歩@新宿御苑

札幌から来た英語俳句のお姉さまを
川崎に住んでいるお姉さまと東京をご案内。
この日は、待ち合わせの日に”うるしの会”が

新宿御苑近くの懐石料理の店”龍雲庵”である

ことを偶然新聞で知り、申込済グッド

 

 

当日、新宿三丁目で待ち合わせて新宿門から大木戸門を抜けることにした。

今年の桜前線は足踏み状態で、間に合った拍手

 

普通桜は、遠くから眺めたり上を見上げたりして楽しむ事が多いけど、ここの木は低木というか、幹が横に伸びていて太い幹に腰かけて写真を撮ることもできた。

 

”クール・ジャパン”の番組で外国人が、「東京は近代的なビルの合間にある緑が多くてビックリした」と話していたが、ここも緑の向こうに高いビルがあちこち見える。
顔中桜の木に囲まれた写真を撮ったり十分桜を堪能した後は、目的地へ足

 

この”龍雲庵”は、西の”吉兆”、東の”胡蝶”と言われた”胡蝶”で長年料理長
を務め、TVの”料理の鉄人”にも出演していた後藤紘一良の店であると

後で知ったたらーっ


”箱瀬淳一”先生?のうるしのお話の後、後藤先生が料理の説明にも来た。

うるしの作品を冷やかし^^適当な所でお暇し、次の目的地表参道へでんしゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のお姉さまが、尾形光琳の”燕子花”が見たい

と言うことで・・・
根津美術館で、”燕子花”を鑑賞後、

表参道駅からの途中にあった”ヨックモック”で、

さくらケーキを食べてお開きとなりました。

 

 

 

 

| 私のお出かけ | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜巡り@本牧〜みなとみらい

 

桜の開花情報に合わせるように、突然のお誘いムード
何処にしようかと思いめぐらせたが、
この時期有名な場所は激混モゴモゴ
平日のランチでも、予約をしないと
並ばなければならない。で・・・

お友達のお勧めの、お初の訪問である本牧を選択。

 

 

桜木町から路線バスが出ているということで、駅で待ち合わせると、
ランドマークタワーが目の前に。
この角度からのランドマークタワーは馴染みが無いので、撮影カメラ

 

スの降車場所は、気儘に気になった場所で

降りることにムード
目的の桜はまだ五分咲きといった程度で、

今週末が見ごろかもね。

 

マア、そんなことは大した事ではない。

二人は本牧山頂公園の麓の豪邸を眺めつつ、桜並木をブラついていると、三渓園の看板を発見したので、

立ち寄ることに足

 

(小腹が空いたので)お団子を食べたり、花嫁さんの写真を撮ったりして、園内を散策後にランチの場所を探すも、好みのお店が見当たらないたらーっ
で、元町を目指して歩くことにした。

 

山手の雙葉学園まで来ても、お昼にありつけないたらーっ
Googleマップで導かれるまま歩いていたら、paty cafeがあった〜
やっぱり、元町に来なければならなかったンだね。

 

(写真を撮り忘れた!)”ぷりぷり海老のトマトグラタンパン”は美味しかった拍手

けど、一人で食べるには量が多すぎて、頑張って食べても食べきれず残してしまった。
もし、行く機会がある人はお友達とシェアした方が良いかもね。

 

ここまで来るとナビをoffし、みなとみらいを目指して歩いていると、

開港資料館の前の広場で満開の桜を発見。
続いて、赤レンガ倉庫を通過し、昨年オープンしたマリン&ウォーク足
この角度のコンチネンタルホテルもあまり馴染み無かったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で知り合った二人が横浜市民となり、

こうしてみなとみらいをオサンポするなんて、当時誰が予想したでしょう?
”事実は小説よりも奇なり”ね〜と感慨にふける二人なのでした。

 

 

 

 

 

| 私のお出かけ | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
丸の内ランチ-その2-

ここでのランチは、2013年以来。
月日の経つのは早いね〜
この日のメンバーは、高校時代のお友達。
総勢5名だから、予約をしておいた方が良い
ということで、オザミトーキョー店を予約したつもりが、予約したのは丸の内店ムニョムニョ


紛らわしいワ〜
賢明な皆さんは、間違えないようにね^^
無事?丸の内店に予約があったので、丸ビルで入店可能にチョキ

 

が、スタートから躓いてしまったからか、(いつもそうだけど)声が大きいと注意され、果てはスマホのスイッチを切って無いとかの疑いをかけられ、流石にここははっきり「失礼じゃないですか」と切り返したものの、完全にブラックリストのお客になってたたらーっ

 

肝心な料理は・・・今まで行ったオザミ中で一番不満足ムニョムニョ
これからのリピはないかな。
少なくとも丸ビルのこのお店は・・・

 

気を取り直して、待ち合わせの前にチョロっと見てきたかったKITTEでの華道展へ足

 

 

実は時間ギリギリになってしまって行けなかったの〜

 

”広山流”は華道の所謂定石の生け方ではなく
「植物本来の個性を生き生きと表現する」ということで、
”投げ入れ”や”盛り花”を信条としているとか。
要は、自然の植物をそのまま花瓶にさす生け花という理解で間違い無いかな?

 

皆は余り興味が無いという事で、一人でザックリ回ってきた後は、
屋上に上がって東京駅をバックに記念撮影。
その後、何処かでお茶を探すが長蛇の列泣き顔
5人だから、中々席を確保するのが大変。

 

で、二重橋方面に行き、ウロウロしてやっと何とか席を確保できた。
だから、東京の休日は何処も混んでいるので、嫌だくるりん
今回数十年振りの再開のお友達もいたけど、
次は10月頃に再会を約束してお開きとなりました。

 

 

 

 

| 私のお出かけ | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
たまプラーザ さんぽ

 

 

セン南(センター南を略してそう呼ぶとか)の

お友達とあざみ野で待ち合わせ、目的地へ足
途中、木工家具店へ寄り道^^

 

 

長いこと、リビングに置く背当て付きの椅子を探しているけど、中々好みと予算が合った一脚に巡り合えない。

この日は、亜熱帯地方の巨木でアイアンウッドという木でできた、お箸をget!
クリップ------------------------
水際にあっても腐らない、虫が食わない。また、緻密で、きめ細かく比重は、0.95-1.04あり、ほとんどの材が水に沈みます。

 

良いことずくめじゃないのぉ〜
八角形にカットされているし、持ちやすい。

途中、こんな←バレエ教室のディスプレイがあったりしたけど、彼女のお勧めのフレンチは閉店し、イタリアンは臨時休業泣き顔
どちらかのランチを目当てにここまで来たのにぃ〜

気を取り直して、豚骨ラーメンの一風堂へ

豚骨スープはこってりしてそうで、何となく避けていたけど
チャレンジしてみたら・・・美味し~いYES!
モヤシの七味和え、高菜の明太和え、紅生姜がテーブルにあり、
トッピングが出来る。

 

目から鱗の豚骨ラーメンを堪能した後は、スタバへ。
お友達は、スタバのプリペイドカードを持っている程のスタバラブ
hatchmamもフラペチーノ系は好きだけど、何処にでもあるので
特別な場所では、その土地の特色のあるお店に入りたいが・・・

この日もお付き合い。

 

オシャレなショッピングモールがあるけど、何処にも寄らずに
お喋りに興じて、気がついたら5時たらーっ
また、行かなくちゃね^^

 

 

 

| 私のお出かけ | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ