ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
海外旅行保険

 

渡航する前に保険に入っていかない人は
いないですよね。
もしくは、自動付帯のクレジットカードも
ありますね。
hatchmamは、後者派です。

 

むか〜しは、自動付帯のそれは無く、

その都度渡航前にカード会社に申請してたな〜

 

先月、リスボンでスリに遭い”police report”を警察で貰ってきて、
帰国後に2枚のクレジットカードの被害が無いことが判明グッド
それはそれで良かったけど、この折角貰ってきた”report”を活用せずに、
そのまま眠らせてしまうのももったいないので、保険会社の
取説を読んでみると・・・

 

パスポートや運転免許証の再発行手数料がカバーされると記載されていた
ので、クレジットカードの再発行手数料の件を聞いてみるとダメ泣き顔
が、それらを入れてあったお財布は補償の対象であることが判明イヒヒ

 

ただねぇ。
あのお財布は10年以上も前に行った、バリ島でgetした物。
PLADAと書かれていたけど、それにしては一万円位だったので、
多分PLADAとデザイン?された紛い物たらーっ

 

さて、届いた申請書にはどう書こう?
警察ではミエが過小過ぎたので、ここでは金額と年数を少しミエを張った。
だって〜海外旅行用だったので殆ど傷んで無く、皮の色、デザインと大きさが
気に行ってたんだもの。
もう、同じものは手に入らないし泣き顔

 

結果、2枚分の再発行手数料+αが銀行口座に振り込まれていた。
海外旅行保険というと、病気や怪我の時と思いがちだけど、
こんな風に使えることの報告でした拍手

 

 

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
リスボン-お買い物-

リスボンで事件?に巻き込まれる前に泥棒市でgetした物。
花瓶、”RISBOA”と入った猫ちゃんフック、毛布の様なショールムード

 

食べ物は、(味見済みの)ツナの水漬け&オリーブオイル漬け缶詰。

水漬けは日本でもお馴染みだけど、オリーブオイル漬けは珍しい、でしょ^^
そのオイルで、持参した鷹の爪とニンニクチップ、野菜(この日はパプリカと

ズッキーニ)のペペロンチーノを作り、最後にツナとオイル少々をトッピングして、美味しくないわけがないよね。

 

水漬けの方は(写真上)水分を切ってから、洗った袋入り千切り野菜にオリーブオイルと塩胡椒をし、トッピングして美味しく頂きましたよ。
どっちの缶詰も日本産と比べると細かくなく量が多く、二人で二回楽しめた。

 

 

 

ある日の朝食ムード

茹で卵、グリーンアスパラとトマトのサラダ。
卵の日にちが藻様に見えて可愛い^^

 

スーパーのジューサーで丸ごと絞ったオレンジジュース、洋梨等のフルーツとグラノーラにヨーグルトをのせ、チキンのハムとスライスチーズをのせたトースト。

 

 

 

 

 

金平糖の元祖コンフェイトは、普通のスーパーでは見当たらず、特産品を扱っているようなお店を探しget.
簡単に歯で割れるような堅さではなく中にハーブが入っていて、大人向け。

←カステラ

朝食で毎日食べたグラノーラは、

スーパーのオリジナル品。

基本的にスーパーオリジナル品は好きではないけど、これは美味しかった〜
甘みがあって小麦粉を塗した物が好みだから、自宅では毎回手作りしているけど、これはドンピシャYES!

 

今回このブログのヘッダー↑に変えたコルメシオ広場(ロビン君の待ち合わせ
場所)に行く途中の通りで焼き栗をget!

特筆すべきは、片方がその皮を入れられるようになっていた袋↓

 

確か、ヘルシンキから行ったエストニアでも

焼き栗をgetしたこたがあったけど、

こんな袋では無かった。
この袋から察するに、ポルトガル人は衛生観念が

日本と一緒だと思われる。
そう言えば、道端にゴミが散らかっている光景は

見なかった。


ポルトガルは、ヨーロッパにしては物価も安いし交通費も安いし、

スリたらーっさえ気を付ければ?暮らしやすい場所だと思う。

ただ、遠いね〜
直行便で行けるほどの近さだったら、もっともっと日本人に

馴染みのある場所になっていたと思う。

 

帰ってきたばっかりだけど・・・次は何処に行こうかな〜
                               end.

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
リスボン-7日目-

 

さて、さて最終日泣き顔
この日でリスボンを発つなんて、さびしい〜
感傷に浸っている暇は無い。
この日は、出来るだけ早くチェックアウトを
済ませたら荷物を預け、お昼頃には空港バスに
乗らなければならない。
半日しかないのだ!

 

ガイドブックにあった”リスボンで楽しみたいことベスト10”で
まだ消化して無い箇所、あと二つ。
一つはファド。事が起こってからファドが聞ける夜は警察に行ったので、
行けなかったたらーっ
マア、女子二人での夜の外出は治安が比較的良いといわれていても、
危険が伴う?しね。
アッ、もう遭遇してたか・・・

 

もう一つは、サンタ・ジェスタ・エレベーター
アパートから徒歩圏なので何度か通っていたけどね。
一日券の期限が切れるのが10:30頃だから、その前に行かないとね。
外観は素晴らしいけど、乗ってみると普通のエレベーターでアッという間に到着。
外に階段があって、降りてみたら2、3階だからね〜

 

続いて、コルメシオ通りにあるZARAに寄って、バレエシューズの試し履き。
前日雨宿りに寄った時、色に惚れgetしたものの、アパートに戻って
履いてみたら、当たる部分があったのでサイズ変更して貰おうかと再入店。

が、一サイズ大きくなるとブカブカなので、帰国してから皮を伸ばす器具で

伸ばすことにした。

 

 

最後に、ガイドブックで見ていた元祖金平糖(後日写真をアップ)

をgetしにお店へ足
日本方がデコボコ率が高く、真ん中にグローブ?が入っていて、
子どものお菓子というよりも大人のお菓子の様な気がする。

 

 


←通りに顔だけ出た牛

(雨の日は傘がさされてあった^^

←缶詰専門店。

 

 

 

 

ついでに、滞在中カステラもスーパーでgetしアパートで食べてみたら、
日本のカステラは下にザラメが敷いてあり、元祖は周りにグラニュー糖?
を掛けてあった。

 

さ〜て。アパートに戻ってスーツケースに午前中にgetした物を入れ直し、
空港バスに乗車。
アッという間のリスボンだったな〜
乗り放題の一日券を駆使しアパートの場所が良かったから、荷物を置きに

戻ったりした時に部屋でお茶したりしたからか、カフェでまったりなんて
ことはしなかったな~

 

リスボンはパリほど気取って?無いけどヨーロッパを感じさせる建物があり、
マドリードやバルセロナ程大きくないので移動しやすく、総じて居心地の
良い都市だったYES!

 

今まで行った都市の中で「一度行ったからもう良いかな?」という場所も

ある中、また来たいかと問われたら、「来ても良いかな〜」と思わせられた

都市でした。
                         to be continued.

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
リスボン-6日目-

 

 

こちらに来るまではアズレージョ美術館に
行くつもりだったけど、急遽アズレージョの宝庫
フロンティラ侯爵邸へ。
美術館というのは、展示の仕方が一般的に
画一的だからね〜

 

 

例の一日券にチャージし、地下鉄でジョルディン・ズーロジコ(動物園)
に行き、そこからバスで行こうとバスターミナルでウロウロしていたら、
「僕はここの住人じゃないけど、どうしたの?」 ---
「それなら階上にインフォメーションがあるから聞いたらいいよ」
と話しかけてくれた人がいた。
優しいね〜

 

バス停を降りると、すぐ目の前が目的地。
入場券を買うと邸内のツアーは、次は12時ということでそれまで
庭園を見学することに。

 

邸の壁は空と同じ色の群青色で鮮やかグッド
アズレージョ自体の修復は難しそうだけど、彫刻を修復していた人がいたり、
池には鯉がいたりで綺麗に管理されていた。

ツアー時間になり玄関に集まるとガイドが言語の確認をし、ポルトガル語と
英語で案内することになった。

まじめ?な歴史的なガイドだったので、殆どスルーくるりん

庭にあったあずまやに貝や食器の破片があり興味深かったので、
後日調べてみたら・・・一度パーティ等で使った食器は二度と使わない
という当時の習慣に従って、それらを破壊して破片を塗り込めたとか。

 

内外の侯爵邸を存分に堪能し、来た時と同じ工程で

地下鉄で街中に戻り、ランチタイムとする。
予てより、検索してあった”バイシャで1番美味しい

魚介リゾットだというRestautante Uma”へ足

 

手長エビ、蟹、大きいエビ、ムール貝がタップリ

入った20cm程の鍋で出てきた。
周りを見たら、みんな同じ鍋をつついている。

 

エプロンもしていず、全くあいそのないおじいさんがウェイターを務め、
カウンターの中にあばあさんがいて、厨房にはその子供らしきコックがいた。
それでも、美味しから良いンだよね〜

 

代金を支払おうとしたら、現金のみと言うたらーっ
二人は現金は殆ど持ち合わせてなかったので、お友達を人質?にして、

hatchmamがATMでお金を下ろしてくることにした。

 

前にイタリアでカードが出てこなくなった事を踏まえ、覚えやすい場所の
ATMを探し、さてお店に--と思って数歩歩いてアレ?ここは何処状態泣き顔

 

マズイ!!迷子だ!!
マア、こんな時のGoogle mapならぬオフラインで

使えるMaps.me。
冷静に起動して戻ることが出来た拍手

 

事なきを得支払いを済ませ、ジェロニモス修道院でんしゃ
数日前に行ったけど、世界遺産と知らず中を見なかったので中を見に再訪。
が、ナント!休館日だった泣き顔

 

気を取り直して、テージョ川まで見渡せケーブルカーの撮影に良く使われる

というビカのケーブルカーを目指し、シアード地区へでんしゃ

 

ケーブルカーに乗ると、おじいちゃんが

手を振ってくれたり、洗濯物が

外に干されたり、車も沿道を走っていた。

 

 

 

 

 

その後、アパートまで歩いて戻ることに。

シアード駅前にあったカフェのオブジェと一枚、衛兵さんと一枚。

 

フト気が付くと、遥か遠くにあるサン・ジョルジェ城がライトアップされていた。
ロシオ駅の側にあり何度も前を通ったオブジェも写真に収め、アパートに戻った二人なのでした。

                to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
リスボン-5日目-

この日は、日曜日。
すぐ側のグロリア線のケーブルカーで、シアード地区のお店を見ながら

下って降り、大型ショッピングセンターにお買い物に行く予定ムード

 

グロリア線で上がった先は、サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台
この名前、長いでしょう?
リスボンの市街の地図は大まか頭に入っていて添乗員の様に人を案内できる
様になったと自負しているhatchmamでも、ポルトガル語でこの長さの

名前なので、覚えられなかったし頭に入ってこなかったたらーっ

 

日曜日なので予想通りお休みの店が多かったけど、街並みは特に素敵〜
何処を取っても絵になる。

 

 

 

 

続いて、地下鉄でオリエンテ駅でんしゃ
そこは、万博が開催された後に出来たショッピング

センターとか。
近所のスーパーには無いばらまきお土産が沢山あったのでgetし、ランチに(東南アジア風)焼きそばを食べ、荷物を置きにアパートへでんしゃ

 

アパートの目の前の(日本で言うところの銀座の)レスタウラドーレス通り
見てなかったので、二駅先の駅まで地下鉄で行き通りを見ながら戻ることに。
相変わらず、券売機の前には観光客の人だかりが・・・
そこで使い方を教えてチップを貰っている輩がいた日もあったくるりん

 

アスファルトと比べてヨーロッパの石畳は見る分には風情があって良いけど、
スーツケースを引いて歩くに至ってはかなりシンドイたらーっ
が、この通りは世界のブランド店が軒を並べているせいか綺麗に整備され、こんな↑アズレージョ柄?の

石畳もあった。

 

通りの端に着き、燈ともし頃になったので、アパートに戻った二人なのでした。

                                      to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

| hatchmam的地球の歩き方 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
リスボン-4日目-

天気予報の曇りははずれ、
絶好のフリーマーケット日和。
24時間有効の一日券(写真上)が残っていた

地下鉄で、近くの駅レスタウラドーレスへ足
このプリペイドカードの買い方が曲者で、
初めての時は解らず後ろの観光客に、
確かめながら買ったワ


この日も、観光客らしき人々が大勢券売機の前で右往左往していた。

最寄りの地下鉄駅から会場を目指して歩いて行くと、丘の上に教会があり
その反対側が目的地。

 

この辺りはアルファマ地区で、テージョ川の東側に当たり、

リスボンの下町と言われているとかで、アズレージョのタイルの壁の家が

あちこちにあった。

調達したのは、ショール(と思ったけど大きすぎて毛布の様だったたらーっ)、
花瓶、フック。

 

お昼時になり、ガイドブックに載っていたカフェに辿り着くも、15:00からだったたらーっ
気を取り直して歩いていると、ちっちゃなオシャレなカフェがあり入店。
レモネードならぬライムネード?とカボチャとジンジャーのスープをオーダー。
あり得ないスープの組み合わせだけど、カボチャの後にジンジャーが喉に
きて美味しかった。

 

その後、サン・ジョルジェ城
上に登るとこんなピクチャーフレーム↓があり、若い女の子達がポーズ取って
写真を何枚も取りあっていた。
大勢並んで待っているのにね〜
人の迷惑を考えない所は、何処も同じくるりん

 

城内にい雄たキジは逃げもせず、お客さんのカメラに合わせて羽根を広げて
サービス満点YES!、半面雌3羽は並んでカフェの窓ガラスから中を物色中。

 

この日は夕方ファドを聞きに行くので、早めにアパートに戻ることにして、

市電の乗り場へ向かう足


この後、泥棒市で泥棒に遭う・・次のページへ
 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

続きを読む >>
| hatchmam的地球の歩き方 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
リスボン-3日目-

次の日は土曜日で女泥棒市に行く予定なので、
この日はその反対の西側のベレン地区へでんしゃ
どのガイドブックでも勧めている観光を
兼ねられる28番の市電は中心部から乗ると
混むという事だったので、はずれの方へバスで
行こうと運転手に行き先を確かめると、
「そうだけど、観光地では無いよ」と言われた。
いいんです。それで・・・

 

乗ってみたら28番はそれ程ではないので、15番の市電に乗るべく

適当な所で降りて、ベレンの塔でんしゃ
続いて、発見のモニュメントまでMaps.meで検索すると徒歩10数分

ということなので移動足

また、ジェロニモス修道院は道を渡った向かい側にあるので移動足
教会内部はどこもそう変わらないので、内部見学はスルー。


ここでの目的は、本物だと言われているエッグタルトムード

噂に違わず、店の近くに行くと長蛇の列。
我らは、中で飲み物を飲みながら食べるつもりで中に入ると、400席程あるという席も満席。
マア、400席もあったので間もなく案内されたけどね。

 

メニューを見ても解らないので、エッグタルト1個づつとNHKのBSテレビ

”二度目のリスボン”のロビン君(出国前に何度も予習してきているので、

もはや友達化ウィンク)が食べていた、クリームを挟んだドーナツの様なパンと

コーヒーを注文。

エッグタルトは噂通りだったけど、コーヒーが濃くて飲めないたらーっ
で、ウェイターにコーヒー用にお湯を貰う。

 

帰りは、15番の市電で終点のフィゲイラ広場で降り、アパートの近くの持ち帰り出来るレストランに寄って、夕飯を調達して帰路に着いた二人なのでした。

                to be continued.

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
リスボン-2日目-

 

日本と同様この時期は替わり易い天気で、
予報を見るとこの日以外はおてんきマークが
無かったので、郊外にあるシントラロカ岬
行くことに決定。
電車で行くので、すぐ側のロシオ駅足
窓口で、電車とバスの周遊パスをgetし、
シントラ駅へでんしゃ

 

終点だから迷う事無く、40分程で到着。
ペーナ宮殿ムーアの城跡行きのバスに乗り、停車場名を聞いた
ブラジル人家族と途中まで雑談した時に、色々情報を得た。
まずは、ペーナ宮殿で両方の入場券のコンボをget。

お城は山の上で雨が降り出したしたのでバス券をgetし、入城。

黄色とグレーの可愛いお城は、すっきりと晴渡った日も良いけど、
霧のかかったこの日も良い雰囲気、でしょ。
続いて・・・ムーアの城跡へ徒歩10分で行けたのに解らず周遊バスに乗り、
一周してしまった。ダハハ

 

シントラでランチを食べるにバスで下山し、レストランを物色していると
路地からおばちゃんが手を振って呼び込んでいたので、素直にそっちへ足
路地裏にあるお店位だから、日本語は勿論英語のメニューもなく
英語も通じないので、表にあった写真でポルトガル料理のバカリャウ

(干しタラ)のコロッケとリゾット(もどき?)をオーダー。

コロッケはジャガイモがホクホクしていて美味しく、リゾットは干しタラが
多く入ってなくて磯臭さがさほど気にならなった。
沢山入っていたら、気になっていたかも・・・

 

続いて、ロカ岬(最初の写真)に向かうべくバスに乗り込む。
クネクネした道を山を越えて行き、ホンの数秒前まで話をしていた

同伴者に「ビニール袋!」と言われた時は、一瞬止まったたらーっ
酔い易い人は予め薬を飲んていた方が良いと知ったのは、たった今。

 

ロカ岬はユーラシア大陸の最西端ということで、灯台もあった。
岬だから日の出や日の入りはさぞかし景色は綺麗だろうな〜と想像し、

バスでカスカイスへ向かう。

 

カスカイスからリスボンへは、海沿いを走る電車に乗り、お天気だったら
眺めは良いだろうな〜と想像し、終点で降車しすぐ向かいのリベイラ市場へ。


ここは、スペインの様にフードコートの様に好きな

料理を真ん中のテーブルで、食べられる。
リスボン名物のエッグタルトをgetし、地下鉄で

アパートへ戻った二人なのでした。
                                            to be continued.

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただいま〜


ユーラシア大陸の最西端の国ポルトガルの

リスボンから帰ってきました。(←スイスの山?
お世話になったのはExpedia。Air Lineの

グレードと乗り継ぎ時間が良かったルフトハンザ

のフランクフルト経由で、乗り継ぎ時に、

こんな↓滑り台や遊具があったYES!

リスボン空港からアパートメントホテルまでは、地下鉄、空港バス、タクシーの選択があり、地下鉄は日本の様にエスカレーターがどこでもある訳ではなく、スーツケースを持っての乗り換えはシンドそうだったので、選択したのは空港バス。
出国前に割引のある空港バス往復券をnetでget!!

 

Trip Advisorの、アパートメントホテルはリベルダーテ大通りに面しており

地下鉄、バス亭が目の前という情報の通り、便利だった〜
元劇場だったという事で、防音はバッチリで、部屋は大通りに面していた

にも関わらず静かで快適だった。

 

アパートメントホテルは、(今まで借りたことのある)アパートと違って

ホテル形式でフロントがあり、何かと(追々報告・・・)お世話になった。
アパート程のキッチンは要らないし毎日キッチンの掃除もしてくれるし、

これからは簡易キッチン付きのアパートメントホテルが良いネ。

 

設備は、オーブン付きレンジ、IHヒーター、食洗機、コーヒーメーカー、
それにトースターだから、十分でしょ。

滞在中、オーブン以外は全て使用。

 

お昼頃にチェックインし、チェックインまで数時間あったので荷物を預けて、
近所をブラブラ偵察後、スーパーで食材をしてアパートへ戻る。
初日は10数時間の移動で疲れているので、そのまま就寝寝る
                                                                          to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

| hatchmam的地球の歩き方 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
フットハンガー

旅行は行くまでが楽しみなんだよね〜
ググったりガイドブックを見たり、毎日の様に
リスボンに関わっている。
飛行機はエコノミーなので、
長時間座り続けていてエコノミー症候群が
気になるところ。

昨年、スペインに行く間際フットレストハンガーなるものがあることを
発見したが、出発までに間に合いそうもなかったので、断念していた。
先日、裏のおばちゃんお友達からこれを頂いた拍手

 

彼女は、ご主人がご存命中はツアーであちこち(長期の)海外旅行を
していたけど、7,8年前の家を新築時に腰を悪くしてから、
何処にも行けなくなったということで、こちらに回ってきたわけで・・・

 

これは、前のシートに畳まれているテーブルの両側にこのフックを掛け、
そこに足を乗せると足が宙に浮くという物ムード

足が伸ばせて下にぶら下げていないと、疲れが緩和されるンだよね〜

今は昔、(ヒョンなことから思いがけず)JALのビジネスクラスで
パリから帰ってきたことがあったけど、足を延ばして横になることが出来、
寝返りも打てるので成田に着いた後でも、このまままた飛行機に乗って
何処かに行けるほど、楽ちんだったな〜

 

そして、もう一つは防煙フード。 

エッ?何?と思うでしょ。
一度何処かのホテルでボヤ騒ぎを体験してから、

神経質なご主人からこれを用意するように言われ、
毎回スーツケースに入れていたとか。

 

 

そう言えば、ホテルの非常口なんぞ確認したことは未だかつてないな〜
却って、気にしすぎるから呼び込んでしまうンじゃないかと思う、
超楽天家のhatchmamたらーっ
これからは確認しようかな。覚えていたら・・・

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ