ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
机上旅行

恐らく、コロナは終息(無くなる)する

ことはなく、収束(収まる)したとしても、

渡航するにはまだまだ日にちが掛かりそう(OMG!
海外旅行を趣味としている身には、
ストレスが溜まっている。

 

で、地球儀を眺めて渡航した気分になったり、時刻表を見て鉄道旅行を
楽しんだりする人と同じに、行った気になってみた。


丁度図書館から眺める?つもりで、(開館するまで返却無用になった)
借りたままの”旅のヒントBOOK”シリーズが数冊あり、行きたい国リストに
入っている、クロアチア♪

 

まずは飛行機の予約で、行く時期は毎年春休みの3月と夏休みの9月なので、
希望的観測を込めて9月で検索♪
その前に、行きたい都市を決めなきゃね。

 

候補に挙がったのはドブロブニクとザグレブだが、両都市間は電車やバスで
移動するには距離があり、飛行機をどちらかをINにしてどちらかを

OUTにするオープンジョー(発着地が異なる航空券)にすることにしたら、
直行便は無く経由便を探すとあるわ、あるあるわ。

 

メジャーなエアーラインにすると、結構なお値段。
んー。ターキッシュやポーランド航空にするとマアマア^^
アラ!ポーランド航空はポーランドへの直行便があると本で見たワ〜

 

てな感じで、(仕方なく)つもり旅行を楽しんでいるこの頃なのでした。

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

0
    | hatchmam的地球の歩き方 | 07:54 | comments(2)|
    変なの・・・

     

    コロナウイルスは収束する処か、
    世界中に広まってしまった。
    米国は日本への渡航の危険度を上げ、
    日本は第2の武漢になりつつあり、
    渡航を拒否される可能性が出てきた。
    あちこちでイベントが縮小、中止になったり、
    学校がお休みになったり、デマが出回ったり、
    不穏なニュースばかりの毎日。

     

    20日程前航空券を保留にすることにしたが、先日マカオ航空から

    搭乗予定の便がキャンセルされたと(英語で)SMが届いた。
    HPで確認すると、2,3日置きの運航でなるほど該当の往復の便が

    欠航になっていて、全額返金すると書かれていた。

     

    旅行会社で予約した場合は、そちらに連絡するようにとのことだったので、
    Expediaに電話したが、(ホテルの時と同じで)繋がらない。ヤッパリ
    再度ラインで問い合わせるも、とんでもない時間に回答があり、
    望んでいる回答が得られず、結局電話でしかキャンセルできないとの
    事だった(激怒!

     

    ホテルがラインでキャンセルできたのに、飛行機ができないなんて

    腑に落ちない。
    それまで、普通の大人がメールを送るときのようなビジネス文を入力

    していたが、アッタマにきたので・・・一言「変なの」と送った。ダハハ

     

    また、今月のクレジット明細にホテルの返金は載って無く引き落とされる
    ことが分かり保留にしてもらうべく、連絡をすることにした。
    クレジット会社の電話も繋がらず・・・HP の問い合わせ画面で見てみたら、

    締め日がキャンセルをした前日だったので、翌月になることで納得。

     

    ExpediaのHPからもホテルの返金について連絡してみようと思い、
    前回、メールの問い合わせは48時間以内に返事が来ると自動メールが

    届くが、48時間以上も掛かって返事が来ていたのを承知で、送ってみた。
    非常事態だからやむを得ないにしても、Expediaの対応どう思う?

     

    また、同行するお友達のスマホは、電話がかけ放題ということを思い出した!
    お友達は、ずっと電話を掛けたままで外出したり家事をしたりしていて、
    初日は繋がらず、翌日うたた寝をしていた時に掛かり、キャンセルを
    完了することができた。

     

    これでホテル・飛行機とも無料でキャンセルができた。
    良かったと言えば良かったけど、行けなくなったのが決定したので、
    嬉しいような寂しいような・・・

     

    JUGEMテーマ:マカオ

     

     

     

     

    0
      | hatchmam的地球の歩き方 | 09:52 | comments(0)|
      マカオ旅行-その後-


      新型コロナウイルスは収束する処か、
      いつ収束するか見通しが立たない状況。
      客船に踏み留まらされた人たちの事を思うと、
      身につまされる。
      2月に入ってから毎日気持ちは揺らいでいた。

       

      そんな中、6日にJALとANAが3月末まで出発分の払い戻し手続きを
      始めると、発表。
      航空会社はANAとのコードシェア便とは言え、マカオ航空。

       

      ホテルと飛行機の予約をしたのは、Expedia。
      ANAに直接予約するのに比べおよそ半額だったから・・・

      色々net検索していたら、Expediaで予約した「返金不可」のホテルから
      返金して貰えた人がいた!
      ダメもとでやってみることにした。

       

      まずは、ホテル。
      1.ANAが英語に翻訳した公的な文書を添付し、(前の職場で頻繁に

       使っていたDear, Sinerly yoursを駆使し)丁寧なメールを送る
      2.予約時にダブルベッド/ツインベッドの金額設定で掲載されていた

       ものを、ツインベッドでリクエストしていたので、そのメールに送信
      3.状況を理解してくれ、「旅行会社に連絡すると双方で話し合うと」
       回答がすぐ来た
      4.2週間ほど前から、予約時に送られてきていたLINEにキャンセル料

       の事で聞くと、混雑を理由に何度も放っておかれ、真夜中とか早朝に

       返事が来ていて埒が明かない。
        また、Expediaにキャンセル料の事で聞こうと電話していたが、4回線

       全てが繋がらず、HPからのメールの問い合わせ画面でも(48時間以内に

       返事をするとなっているのに)回答は無く、途方に暮れていた
      5.電話とメールは諦めLINEに、問い合わせではなくキャンセル

       ということを入力すると、すぐ返事が来たので、(何度も入力した)

       必要事項を入力したら、マカオのホテルの担当者に確認ができ、

       全額返金となった(いえい!

       

      航空券は出発の24時間前までキャンセル手数料が@¥12,000ということで、
      24時間前にしても今キャンセルしても同じなので、このまま1週間位まで
      待ってもいいのでは?と提案され、そうすることにした。

       

      マカオ航空のHPを見ると、昨日とは変わって今日は、
      3月末まで出発分の払い戻し手続きを始めると、発表。
      が、中国大陸は全額返金払い戻し手数料免除だが、それ以外は
      「払い戻し手数料は免除の対象になりません」とのこと。

       

      マア、まだ日にちがあることだし、航空券はしばらく様子をみることにした。
      フウ〜(汗

       

       

       

      0
        | hatchmam的地球の歩き方 | 09:54 | comments(0)|
        新型コロナウイルス

         

         

        どうしたもんかな〜
        いえねぇ。来月マカオに行く予定。
        旅行会社のツアーも次々と中止になってきている。
        ・・・
        こちとら、個人で手配しているので決めるのは自分。

         

         

        毎回渡航の際は、外務省の”たびレジ”に登録しているが、
        ここの所、毎日のように
        ”【スポット情報】中国における新型コロナウ​イルスに関する注意喚起”
        のメールが届き、その中に以下もあった。
        -----------
        我が国は,1月31日,湖北省に発出している感染症危険情報レベル3

        (渡航中止勧告)を維持しつつ,中国全土を感染症危険情報レベル2

        (不要不急の渡航中止)に引き上げています。

         

        また、航空会社は、2月第一週の飛行機は欠航とHPに出ていた。
        出発は1か月後だけど、どうしよう・・・

         

        JUGEMテーマ:マカオ

         

         

         

         

        0
          | hatchmam的地球の歩き方 | 07:42 | comments(0)|
          ベルギー的愛犬考

          我が家にハッチがいるので、何処にいてもやはり目に付く。
          アール・ヌーボー建築を探していたとき、
          一般のお家の窓にこんなシャレたシール?が貼ってあった。

           

          地下鉄の中でバッグに入っていた

          ミニチュアダックス。
          アレ?欧米では、乗り物に乗るときバッグに

          入れなくても良かったのでは?
          写真を撮ってもいいか聞いたけど、

          何故バッグに入れていたのか聞き忘れた・・・

           

           

          アントワープのお店の前で仲良く寛いでいたワンズ^^
          その近くにあったペットショップ?の看板。

           

          (衣装持ちの)小便小僧に服が送られ、演奏楽隊

          と一緒にニセ小便(=水)を出すカートに

          一緒に乗せらていたワン^^

           

           

          ブリュッセルの空港でお巡りさんに連れられていたジャーマンシェパード。
          これからお仕事をするのにくどくど聞くのも憚れたので、写真撮影の許可しか取らなかった。
          「僕は写さないでくれよ!」とは、お巡りさんのシャレた言葉。

           

           

          ブリュッセルの空港でもピアノがあり、

          弾いていた人がいた。
          ピアノには、”Sure you can play, but please play me gently”
          と書かれていた。
          このメッセージもシャレてるでしょ^^

           

          最後に・・・日本もこんな風にペットと人とが自然に生活できる様な社会に
          なって欲しいな〜と思ったhatchmamなのでした。

           

           

          JUGEMテーマ:ヨーロッパ

           

           

           

           

           

          0
            | hatchmam的地球の歩き方 | 09:44 | comments(0)|
            ベルギー:雑記

             

            同伴者は帰国間際、
            「まだ夢の中にいるようだ」と話していたけど、
            それぞれ仕事に就きいつもの日常に戻った。
            お土産用に書き留めたメモを廃棄してしまった
            おかげで、戻ってきてから不足が発覚(OMG!
            自宅用を削るしかないないよね〜

             

             

            まずはワッフル。ワッフルはブリュッセル風(左)とリエージュ風があり、
            トースターで少し暖め、この粉末パウダーをかけたら・・・美味しい!

            このお砂糖は上に網が張ってあるので、トッピングに何にでも使えそう^^

             

            続いて、”Lotus”のスプレッド♪

            アパートのパスカルさんに”Lotus”の話をしたら、彼はこれ↓を勧めてくれ、

            その場でプレゼントしてくれた(いえい!
            ”Lotus”の残りがあるのでまだ味見をしてないけど、美味しい!のは、確実。

             

            このブランドのクッキーの小箱は、”Lotus”の

            クッキーと並んで日本に輸入されている。
            スーパーで大きな箱入りがあったので、

            職場へのお土産にした。
            帰国時、空港で見かけたけど倍位の値段だった

            (いえい!

             

            OREOは普通に日本のスーパーにあるけど、これはホワイトチョコレートが

            掛かっていて美味しかったし、個別包装のビニールに印刷された花柄の様な

            模様も可愛かった。

             

            ルクセンブルクで飲むタイミングが無く飲めなかった、牛乳に浸しながら

            飲むチョコレート。
            最終的にはココアになる、と思う。←未確認

            ベルギーの蜂蜜ブランドの蜂蜜が挟んであるワッフル。←同伴者から

            美味しかったと報告有♪

             

            何処に行っても欠かさず食べる、ポテチ↓
            一袋目はプレーンだったかな?これは、二袋目でパプリカ風味♡ 

             

            ベルギーでもう一つ有名な物でビールがある。

            が、二人は殆ど飲まないがフルーツ味があるとのことだったので、スーパーで
            傍にいた現地の人らしき人に聞いて、アルコールフリーのビールをget!
            味は苦味が無く、美味しかった^^

             

            総じて、ベルギーは”Lotus”を筆頭にお菓子が何でも美味しかった(いえい!
            一般的に、日本人はベルギー=ワッフルとイメージするほどだものね。
            まだまだ食べ損なった物があるので、またパスカルさんに会いに

            行かなくちゃ、ネ!

             

            JUGEMテーマ:ヨーロッパ

             

             

             

            0
              | hatchmam的地球の歩き方 | 10:13 | comments(0)|
              ベルギー7日目:ブリュッセル


              帰国日だけど、夜の便だから夕方までたっぷり遊べる♪
              まずは一番遠くのEU本部を見に、地下鉄でShumanではなくパスカルさん
              お勧めの一つ先のMerode駅に行く。

               

              地下鉄ブリュッセル中央駅の券売機の前で機械を操作していて、

              フト横を見ると、日本人のサラリーマンの二人。
              彼らもこの券売機に手こずっていて、後ろに列ができ初めていた

              ことから言葉を交わし、Shuman駅に打ち合わせに行く上司と部下だった

              ことが分かり、彼らが電車を降りるまで楽しく会話が楽しめた♪

               

              サンカントネール博物館王立軍事歴史博物館の向こうに目的地があり、

              サンカントネール公園をブラブラお散歩♪


               

              公園を抜けるとすぐEU本部があり、向かいにはEU理事会があった。

              勿論中に入れるはずも無く、次の目的地王宮を目指しParc駅へ。

               

              ブリュッセルの地下鉄駅では(ナポリの様に)

              メトロアートで彩られているとかで、

              ここでも彩られていた。

               

               

               

              駅を出、ブリュッセル公園→を抜けると目の前は王宮   

              王宮の後ろ側に行き、アール・ヌーボー建築の

              楽器博物館(右端)へ。
              渡航する前は、ここの最上階でランチをする予定だった

              けど、この日はお休み。

              そこにたどり着いた時のお腹の空き具合とスケジュール的に叶わず、
              課題を残したレストランや店が幾つかあった。

               

              次は、サン・ミッシェル大聖堂を訪問。
              帰りに神父さんが外でスマホをいじっていた。

              そりゃ、彼らだって文明の利器は必須だものね〜当然と言えば当然の話。

               

              これよりショッピングストリートにあるデパートを目指し歩いていると、
              元銀行で18世紀築だという”ベルガ・クィーン”の前を通ったので、
              ここはリッチにランチをすることに♪

               

              ビジネスランチのセットは、それぞれ違うものを

              オーダーしシェア。
              前菜は、(多分)チコリのスープ +アスパラのソテー
              メインは、ベルギー名物のカルボナード +魚のソテー
              デザートは、クリームブリュレ +ミルフィーユ↓

               

               

              お腹と心が満たされ、City2を目指しヌーブ通りをブラブラ。
              ここも好 みの物が見つからず・・・

               

              ベルギーファッションには見切りをつけ、あちこちのベンチで休みながら
              ゆっくりとアパートへ向かう。

               

              途中、小便小僧ならぬ小便少女を見に、

              ムール貝を食べたお店の傍へ。

              が、女の子がしゃがんで用を足す様子は、

              「リアルすぎて笑えない」と、市民からはあまりよく

              思われていないとのことだけど、納得。

               

              もともと像が設置された時にはこの柵はなく、

              観光客が皆局部を触るためまさに「つるっつるの

              ぴっかぴか」になってしまっていたんだとか。

               

               

              続いて、パリ、ミラノ、ナポリにもあるショッピング

              アーケードと同じで、これは世界最古という

              ギャルリー・サン・テュベール

               

              ショッピングアーケードを抜けるとアゴラ広場
              疲れたのでエクスキでスムージをオーダーし、

              空いていた2階の窓際に座り、時間まで寛いだ。

               

              アパートに戻る途中の小便小僧が、

              この日はメキシコ風の衣装を着ていた。
              9時頃にスーツケースを預けてあり、パスカルさんに

              どうやって帰るか聞かれたので、

              来た時と同じ中央駅に歩いていくと答えた。

               

              JUGEMテーマ:ヨーロッパ

               

              パスカルさんの神対応↓続きを読む>>

               

               

               

              続きを読む >>
              0
                | hatchmam的地球の歩き方 | 15:40 | comments(0)|
                ベルギー6日目:ブリュッセル

                この日は日曜日なので、日曜日だけ開催のフリーマーケット2件を加え、
                3件のフリーマーケット巡り。


                まずはブリュッセル南駅傍にある”南駅市場”へ、地下鉄で向かう。
                グラン・プラス傍にある、撫でると幸せになれるという

                セルクラース像を撫で、ベルギーの政治家であり最高の市長と言われた

                Karel Bulsuの記念碑を横目に中央駅に向かう。

                 

                 

                ベルギーではプリペイドカードの様な物は買わず、

                そのつど券売機でチケットを
                買っていたが、この券売機が使いづらかった。
                カーソルを真ん中辺りにある大きなボタンの様な物を

                グルグル回してチケットの選択し、

                決定はその中にあるブルーのボタンを押す。

                 

                 

                南駅市場”は、多国籍市場で主に中東っぽい感じが強かったかな。
                ここは見学程度で・・・続いて先日行った

                ジュ・ド・バル広場へ向かっていると
                道の向こうから「オオーイ!」と呼ぶ人がいた。

                 

                ハテ?ブリュッセルに知り合いはいないはず・・・

                で、声のする方を見ると、昨日ルクセンブルクで会ったおばさん(失礼!)

                が前後にリュックをしょい、手を振っていた。びっくりした〜

                 

                やはり週末の方がお店が出ていて、玄関につける伸縮自在のフックと
                フレーム入りで陶磁器で出来た飾り物をgetした。
                この日はお天気で週末だからか、トランペットの生演奏のパフォーマンス

                もあり、鼻歌がでちゃうね^^

                次は、週末だけ開催のグラン・サブロン広場へ。
                ここは高級過ぎで見るだけにして、お茶をしたく

                なったので、丁度その広場に面してあったあの有名な

                ピエール・マルコーニでホットチョコレートを飲む。

                 

                日本だとココアだけど、ココアではなく

                正に温かいチョコレート!
                喉が痛くなるほど甘かった〜
                チョコレートが好きな人には、良いかも。

                 

                 

                 

                続いて、(何処を目指していたか忘れたけど)

                気がついたら.▲僉璽→近くに来ていた。
                荷物もあることだし、取りあえず中に入り、

                一休み^^
                ランチは、パスカルさんに聞いたお店にムール貝を

                食べに行こうとしたが、閉まっていた。ウウッ

                 

                で、日本のガイドブック殆どに載っていて、彼がお勧めしてなかった

                シェ・レオンへ。
                大きなバケツのセット一つをシェアしようとすると、一人一皿

                オーダーしなければならないと言とわれ、一番小さな鍋入りセットを

                それぞれオーダー♪

                沢山のセロリが入ったワイン蒸しと(フライドポテトの様な)フリッツと

                ビールがセットになっていて、二人共お酒が飲めないのでビールは残して

                しまったが、ムール貝は美味しかった。

                 

                 

                スーパー”デレーズ”に毎日通ったので、

                ブリュッセル証券取引所の前も毎日通った。

                 

                 

                アパートの最寄の駅アネーサンス駅の隣の駅が

                スーパーのある場所で、その裏側に雑貨や服の

                お店があるということで行ってみたけど、

                好みではなかった。

                 

                翌朝は9時にチェックアウトすることにしていて、この晩は荷造りを

                終えていなければならないので、ばら撒き土産等のおやつを重たいほど

                買い込み、アパートへ戻った二人なのでした。

                                          to be continued.

                 

                JUGEMテーマ:ヨーロッパ

                 

                 

                0
                  | hatchmam的地球の歩き方 | 15:48 | comments(0)|
                  ベルギー5日目:ルクセンブルク

                  ブリュッセルからルクセンブルクまで、
                  快速電車の様な手段しかなく、
                  片道3時間往復6時間程掛かるので、
                  支度が出来次第出発。
                  夕べパスカルさんとその友達は往復6時間を
                  目を丸くして驚いていったけ^^
                  その間景色を見ながら体を休めるのも、
                  行く事にした理由の一つなんだけどね。

                   

                  ルクセンブルク駅に着く間際、電車の中で中国人(失礼!)の様な
                  おばさんの様なおじさん?おじさんの様なおばさん?に「日本人?」

                  と聞かれ、後を付いていっていいか聞かれた。
                  返事をする間もなく付いて来て、色々質問された。

                   

                  ここでも体力温存の為に一番の目的地までバスで移動することに

                  していたので、チケット売り場で乗り場とバスナンバーを聞くと、

                  彼女は私の肩を軽くタッチして、「英語がしゃべられるじゃないの」

                  と賜った。
                  特に英会話の不可の話をしてないのに・・・不躾な物言いでしょう?

                   

                  渡航前に市内の公共交通機関は今年度の夏から無料になるかもしれないと
                  知識はあり、無料になっていたことを彼女に話すと、更に喜んでいた。
                   

                  ボックの城跡の近くに来たら教えて貰える様にドライバーに話していて、
                  バス停を降りると彼女はInformationでゴム印を押してもらうとのこと

                  だったので、ここで別れた。

                   

                  駅やボックの城跡は新市街にあり、旧市街はグランドという渓谷の下にある。
                  ブルージュもそうだけど、川がそのすばらしい景観を引き立てていた。

                   

                   

                  この渓谷に沿って築かれた城壁を歩きグランドに

                  降り、ランチタイム♪

                  (写真は美味しそうに見えてないけど)
                  サンドイッチと朝食セットをオーダーし、シェア。

                   

                   

                   

                  らせん状に降りた道を一気に上がる

                  (市民も使っているという)エレベーターで、
                  新市街へ戻る。

                   

                   

                   

                   


                  続いて、丁度衛兵の交代時間だった大公宮殿ノートルダム大聖堂へ。

                   

                  行きはバスで通過したアドルフ橋を渡って、岐路へ。

                  日没が8時頃といっても気がつくと夕方で、1時間に1本の電車を逃したくない

                  ので、急ぎ足で駅に向かう←なんで、こうなるの〜

                   

                  ブリュッセルに着き、いつもの様にグラン・プラスを抜けようとすると

                  大混雑。
                  何事かと成り行きをしばし見ていると、おじさんとお姉さんが歌を歌いだし、
                  バグパイプの軍団が出てきて何か始まったが、適当な頃合で

                  アパートに向かう。

                                                                                           to be continued.

                   

                  JUGEMテーマ:ヨーロッパ

                   

                  彼女は・・・続きを読む↓

                  続きを読む >>
                  0
                    | hatchmam的地球の歩き方 | 20:24 | comments(0)|
                    ベルギー4日目:アントワープ

                    週末の混雑を避けるため、この日もお出かけ♪
                    その前に・・・渡航前に部屋代の支払いを
                    クレジットということで、オーナーの奥様Aさんに
                    連絡していたことをパスカルさんに確認すると、
                    メールを見たか?聞かれた。
                    確認してなかったので聞くと、今晩Aさんと
                    4人での夕食のお誘いであった。
                    勿論OKし、クレジットもOKでアントワープへ。

                     

                    アントワープの駅は世界一美しいと言われている事に違わず、すばらしい。
                    只の通過点なのに何の為にここまで凝った作りにするのか、
                    たかが駅にここまで凝るこの国の偉大さに感服。

                      

                        

                     

                    まずは、ルーベンスの家へ。
                    彼の作品は勿論、家具や庭等見ごたえ十分。この絵(左下)の手前の

                    女性の向こう側の光の描き方が素晴らしかった〜

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    街中をブラブラ歩いていてオランダの雑貨屋さんを

                    見ているうちにレストランの階に行き着き、
                    丁度ランチタイムだったのでピザとミルフィーユを
                    1個づつオーダー、シェアした。

                     

                     

                     

                    続いて、ノートルダム大聖堂を目指しショッピング街のメール通り

                    ブラブラ。
                    大聖堂は、日本では”フランダースの犬”で有名だけど、本国では最後が
                    悲劇的過ぎるので好まれていなかったが、日本人旅行者が多く訪れる
                    ということで、こんな像や記念碑が後付で設置されたとか。

                     

                     

                    ----------------------
                    スヘルデ川の川岸の城に住む巨人ドルオン・アンティゴーンは、城付近を通り過ぎ

                    る船に通行料を求め、それに応じない者に対しては、その手を切り落として川へ

                    放り捨てた。しかし、ついに同じく巨人のローマの戦士シルヴィウス・ブラボーがアン

                    ティゴーンの息の根を止め、その手を切り落として川へ投げ捨てたという伝説があ

                    る。なお、アントウェルペンの街の名は、これに由来するという民間語源がある。

                     

                    ここは、街の中心であるグローテ・マルクトで、街を象徴する

                    ルーベンスの像や、ギルドハウス市庁舎に囲まれている。
                    ブリュッセル、ブルージュと同じだ。

                     

                    続いて、細い裏道を抜け、プランタン・モレトゥスの家屋、工房、博物館へ。
                    入り口で渡されるチケット替わりのブレスレットがオシャレ♪
                    アイアンワークが好きなので何処に行っても目が行き、時計の精密さに感動!

                     

                    パスカル家に夕食に招かれているので、見るものを見たので

                    帰路に付くことに。
                    お土産に花束をgetし、アパートでしばらく休んでいると、大音響で音楽が
                    聞こえてきた。

                    何事かと外に出てみたら、小便小僧の辺りであった。

                    (疲れているはずが)上着を着て靴を履き、側まで見に行ってしまった。
                    小便小僧に服がプレゼントされたりすると、こんな風に楽隊が出ると
                    後でAさんが話していた。

                     

                    さてさて、この日のサパーは・・・<<続きを読むへ

                     

                    JUGEMテーマ:ヨーロッパ

                     

                     

                     

                    続きを読む >>
                    0
                      | hatchmam的地球の歩き方 | 11:48 | comments(0)|
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + LINKS
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      + PR
                      このページの先頭へ