ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
ハノイ-調達物-

1.パリで買ったリネンの生地で、持参した見本と

同じデザインとサイズで、肩幅を1cm広げ、

着丈を5cm伸ばし、裾、袖口、襟ぐりを手縫いで
纏る様にお願いして出来上がったチュニックムード

 

本当は手芸の本をコピーしてあり、違ったデザインの

ワンピースをオーダーしたかったけど、ベトナムの人は体にぴったりした服が好きな傾向があり、万が一そんな感じに仕立てられたら、取り返しがつかないので、無難な所で同じデザインにすることにした。
出来上がりは・・・ホーチミンで仕立てた店より満足グッド

 

2.ブリキ通りでgetしたポット。
家には、マレーシア?でgetしたポットがあって、
麦茶やそば茶等を煮出して冷まし、そのまま冷蔵庫に入れている。
一年中使っているので、摩耗してきていて薄くなってきている感があり、替えにもう一個と思っていた所だった。

 

欲しい大きさの物が一個しかなかったので、お店のおばちゃんに聞くと、
ベトナム語で辺りのお店の人に大声で呼びかけると、隣の店から
もう一個届いた。
お友達とで二つ買うので割引の交渉をしたら、400,000ドンが
380,000ドンになった拍手 といっても、100円。

 

3.旧市街の花ゴザやカゴ通りをウロウロしていて

発見した籐?のスリッパ。
日本人の女性二人が買い物中で話しかけると、こちらに住んでいて、ベトナム語が少しできると話していた。

お店のおばあちゃんに飾ってあるデザイン違いのスリッパを二足見せて欲しいと聞いてもらったり、もう一足欲しいと話して貰ったりした。


お金を支払おうとお財布を見たら、100円位足りないたらーっ
エッ!と思ったら、彼女達二人で50円づつ出してくれた。
ありがとうございますm(__)m

 

4.旧市街で疲れ果てていた時、”silk”の文字に釣られ、フラリと入ったおばあちゃんの店でgetした

シルクのマフラー。
シルクのスカーフは普通だけど、シルクのマフラーって見たのも、触ったのも始めて。
フワフワしていて軽くて暖かくてカシミアの様ぴかぴか

 

疲れ果てていた二人なのに、このマフラーをgetした後は、
足取りが軽くなった。←単純

 

5.ホアンキエム湖周辺のお土産物屋さんの

何処にでもあったばらまき土産。

 

6.スーパーでgetした、こちらもばらまき土産。
このココナッツキャンディーとピーナッツのお菓子は、美味しかった〜

 

そう言えば・・・街中で、ベトナムの象徴的な笠を被りピーナッツを乗せた天秤棒を担いでいたおばちゃんからピーナッツを買いそびれた〜
と、ハノイに課題を残してきたhatchmamなのでした。
                               end.

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハノイ-5日目-

 

帰国便は、8時30分だから逆算すると、
6時30分に空港着→5時30分の路線バスに乗車
→5時チェックアウト→4時30分に起床

が目標。

もちろん、外は真っ暗ですよ〜

 

が、実際チェックアウトしたのは5時15分頃たらーっ
タクシーでキムマーバスターミナル迄行く旨をフロントの女性に話し、
(英語がイマイチの)彼女がタクシーの運ちゃんに話してくれ、
更に「キムマーバスターミナル」と運ちゃんに告げたのに・・・

 

運ちゃんは、暗い中ひたすらキムマー通りを走り続けた。

途中で気が付き、何度も「キムマーバスターミナル」と言ったり、
「バス!」と言って傍らを走っている「バス」指さしても、理解できてない爆弾
「バス」の英語の意味位は、知っててくれよ〜

 

已む無く、大声で”Stop it!”と叫んだむかっ
(現金は残されて無いので)このままクレジットカード支払いで空港に
行くことはできたけど、バスで行くと決めた以上バスで行くのだ!

 

とっさに思いついたのは、Google マップの地図ひらめき
それを見せて、やっと気がついた運ちゃんはゆっくりノンビリ
元来た道を戻り始めた。
Google 翻訳で、”バスターミナル”と発声させればよかったと気がついたのは、大分後。

 

もはや、始発のバスは出発してしまった時間で、英語で”Hurry up!”と言っても反応無。
ハ〜。”後は野となれ、山となれ”の心境で、バスターミナルに着いた泣き顔

 

ターミナルで机の前に座っていた職員らしき二人の女の子に(英語で)
バスの事を聞くと、「解らない」と・・・
な、な、なんですと!
そこに座っているからには、そこのバスの事は熟知しているべきでしょ。
日本はそうですよ!日本は・・・ が、ここはベ・ト・ナ・ムくるりん

 

何とか聞きだした情報でバスの側で待っていれば、そのうち?運転手が
来るとか・・・
ナントマア、アナログな世界パンチ
しばらくして運転手らしき人が来たので、行き先を確認し乗車。

 

やっと空港のバスターミナルに着き、予定時間に空港に着くことが出来た。
これね。早朝だったから出来たのだと思う。
ラッシュ時だったら、どうなっていたか・・・
賢明な皆さんは、良く考えてから行動して下さいね。
                         to be continued.

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハノイ-4日目-

明日帰国するので、実質ハノイでの最終日。

まずは、ホーチミンの遺体が安置されている
というホーチミン廟へ。
ここまでくると、タクシーは乗りたくない。
で、SKY hubという旅行会社の無料バス
”VUI VUI”に乗るのに、プルマンハノイホテルへ足

バスの降車場はホーチミン廟辺りだったけど、そこからが遠かった〜
入口があったと思ったら、長蛇の列で何処まで行っても
最後尾に辿りつけないたらーっ
やっと、中に入れたと思ったら、厳重な監視の中を歩きながら見るだけで
ホンの数分で終了。

 

このままホーチミンの家とか博物館とか見ていたら、一日無くなってしまうので、

タクシーで旧市街の北の外れにある

ドンスアン市場へ。
かごを求めてカゴ通りをウロウロしていると、籐?のスリッパを発見ひらめき

 

そこから台所用品通りやブリキ通りを通って、ホアンキエム湖辺りの

ハノイ大教会近くの甲が革製の下駄がある雑貨屋さんを探して行ったのに、

飲食店になっていた。
そのお店の人に聞くと、移転したとか・・・

 

已む無く、すぐ側の教会で写真を撮っていたら声を掛ける人が・・・
振り向くと、前日のツアーで知り合ったS君御一行!!
ホテルは教会の側と聞いていたけど、まさかここで会うなんてねぇ。
街中で日本人を殆ど見かけた事が無く会ったと思ったら、彼らとはねぇ。
きっと、何かの縁があるのね^^

 

5人で写真を撮った後、彼らはこれから飛行機でダナンに、
我らは次の目的のチェーを食べに行くのでここでさよならパー
お友達がスマホでナビしてウロツイテいる途中シルクのマフラーを
見つけた後、足取り軽く再度歩き続けたら、あろうことか出発点近くの
リトル・ハノイが見えた泣き顔

 

 

 

 

 

ええ〜っ!一瞬、我が目を疑ったワ
”猿の惑星”じゃないんだから、頼むよ〜
これ以上チェーを探し求める元気もなく、リトル・ハノイでプリンと
チーズケーキを食べた。

 

実は、リトル・ハノイの目の前が一昨日チュニックを仕立てたお店。
引き取りは5時の約束だったので、それまでスーパーマーケットでお買い物ムード
残りのベトナムドンは少なくなり、タクシー代は限られたお金しかない。

ガイドブックで比較的安全だというタクシーを確認し、
料金を確かめてから乗車。

このウンチャンは英語が少〜し出来たので、

彼はバイオリン(意外?)が好きだとかの会話が

少し楽しめた。

タクシーのメーターは”HELLO”の文字が

表示されていたので、聞くと60,000ドン(300円)

+チップでいいと言う。
これが妥当な金額かどうか分からないけど、

想定内だったので、よし!とした。

 

荷物を置からいて、夕飯にホテル近くのお店を物色するも、ベトナム料理はホテルのバイキングで充分食べたし、触角が動かないので、スーパーの中のフランス風ベーカリーでクロワッサンとバナナケーキ等を買い、ポテチとコーラで終了。

 

翌日は早朝5時にチェックアウト目標なので、早めに就寝した所で
ベトナムの夜は更けて行きました。

                                                                           to be continued.

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハノイ-3日目-

世界遺産のハロン湾一日ツアーへ。
昨日の時点では旅行会社までタクシーで行こうと思っていにたけど、

何となく慣れたのでバス(35円/一人)で行くことに路線バス

 

時間ジャストに到着すると、日本の男子学生の3人組がいて、
旅行会社のおばちゃんに予定よりも30分以上も遅れることを告げられ、
椅子に座って待っていると、一人が話しかけてきた。

 

バスの中では5人並んで一番後ろに座り、話しかけてきたS君と
隣り合わせに座ることに・・・
S君は慶応ボーイで、大学は日吉にあり我が家も近いし
hatchmamの職場が大学だった気安さからか、
旅行の質問攻めで話は尽きることが無かったムード

 

途中、お土産屋さんでのトイレタイムがあり、3時間でハロン湾に到着。
まずは、船の中でランチを食べ、バンブーボートかカヤックに乗り換え、
奇岩を眺めに出港。

 

 

 

 

 

 

若い人や体力に自信がある人はカヤックで、言うまでもなくおばちゃんは
ボートですよ。

このボートに乗ったのが正解YES!

 

英語が出来ないおじいちゃん船頭は、身ぶり手ぶりで撮影スポットで
カメラを寄越せということで、渡すと・・・

ボートを漕いでいるような写真や、奇岩を持っているような写真を

一人ひとり順番に撮ってくれた。

周りを見ると、そんなサービスをしてくれたのはこのおじいちゃん船頭のみチョキ

↑そろえた足が可愛い^^

ボートから上がって元の船に乗り換え、目の前の韓国人カップルに
おじいちゃん船頭が撮ってくれた写真を見せたら、うけてたイヒヒ

 

下船後は、ティエンクン鍾乳洞足
奇岩のクルーズでも、猫やゾウに似た岩石を紹介していたが、
鍾乳洞もライオンやクラゲに似ている形を紹介していた。
ただ、ライトが余りにも実物とかけ離れた色でライトアップされていて、
もう少し何とか別の色が無かったのかと思ったのは私だけ?

 

帰りのバスも同じ席で、車内のライトが落とされ皆がまどろんでいる中、
眠りもせず延々とS君と話し続けた。
S君は初めての海外旅行がベトナムで、海外旅行に興味があり
更に色々な事を聞きたいということで、連絡先を聞かれラブラインで繋がった。
慶応ボーイのボーイフレンド?

 

ツアーが解散された後、夕飯にホアンキエム湖近くのリトル・ハノイ
バインミーを食べようと良い気分でタクシーに乗ったら・・・ボラれたむかっ
悔し〜爆弾 ったく、モ〜気が許せないンだよね〜
賢明な皆さんは、学習してくださいね。


バインミーには、トマトとキュウリが挟まっていたけど、

”後は野となれ”で食してしまったたらーっ

 

もう、車(RV)はコリゴリでバスで帰りたかったけど、バス停まで遠くて歩けないので、

已む無く手を揚げた。
が、このウンチャンはボラ無かった、と思う。
ということで、二日目が終了!!
to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハノイ-2日目-

ホテルでのバイキングの朝食を堪能後は、
ハロン湾の一日ツアーを現地の旅行会社のHPで

予約してあり、前日に行くことになっていたので、

バス停へ足

34番のバス(¥35)で、Googleマップの

オフラインで経路を確認しながら、降車。
バスのアナウンスはベトナム語で、何故か

エコーが掛っていて、固有名詞すら聞き取れないたらーっ

 

バス停から歩いて旅行会社に着くと、カウンターに誰もいない?
併設されたホテルのレセプションで聞くと、住所が違う。エッ?
ここから徒歩で行くのはシンドイので、タクシーで行ったが・・・ボラれた(徒歩圏なのに1,000円=多分10倍以上)むかっ

 

後で気がついたが、そこで訴えたとしても彼らは有名な場所以外の英語が

殆ど解らない。
そこで学習しなかった二人はその後も同じくらいの金額をボラれたむかっ
どうしたら良かったのか?

比較的安心できるタクシー会社を選ぶしかないと、気がついたのが

帰国する前日たらーっ

気を取り直して、次の日この場所に7:45に来ることを確認し、持参した見本でパリで買った生地を使ってチュニックを仕立てて貰うため、旧市街をウロウロ足

一般的には、ベトナム=アオザイと思う人が殆どだけど、洋服の仕立てはホーチミンで
体験済みなので、持参したのよ^^

NHKのTV「二度目のハノイ」で予習?時に、最初に出てきた東河門

 

 

 

 

 

 

 

 

旧市街には、フランス統治時代のコロニアル建築があり、
現地の人たちの住まいがあったけど、その落差がね〜

旧市街の中心にあるホアンキエム湖では、カフェでココナッツジュースを

飲み、何度も戻ってベンチで休憩をした。

 

夕食は、ガイドブックで見たレストランまでタクシーで移動し、カニ肉入り

四角い揚げ春巻き(生野菜は食べない)とフォーをシェアしてお腹一杯。
さつま揚げの様なものも注文したけど、来なくて良かった。
もち、支払いは食べた分だけですよ〜

 

朝と違って、帰りは疲れたのでタクシーで

ホテルへ向かい、二日目は終了寝る           

           to be continued.

 

 

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただいま〜

 

怒涛のハノイから戻ってきました飛行機
前にホーチミンに行っているので
心していたものの、埃立つ街中で
バイクと車のクラクションの応酬を受け・・
日本人に生まれて良かった〜と再認識YES!

 

(どこに行っても毎回そうだけど)今回も珍道中くるりん
昨年の台湾から東南アジアは個人旅行よりもツアーの方が格安だと解り、
今回は飛行機とホテルのみで送迎無のツアーを選択ムード
という事は、(東南アジアではもれなく付いてくる)

寄りたくもない免税店に寄らなくても良いのよ〜

 

ググってみたら・・・空港から街中への交通手段は、3種類あって高い順に
1.旅行会社の送迎オプション(6,000円/二人)
2.タクシー($20〜)
3.ミニバス($4/二人)
4.ローカルバス(90円/二人)

             どう思う?この差は日本ではあり得ないね。

 

出発前には、JTBから再三保険加入とオプショナルツアー参加のメールが
届くが、無視。
現地に着いても、(体験した人のHPの通りに)タクシーやミニバスの
運チャン(この方が合う)の誘いを無視し一番端っこのバスターミナルへ足

 

丁度、乗る予定の90番のバスが待っていて目の前のベンチに座っていた

男の人に行き先を確認すると、頷いたので乗車。
すると、車掌らしき男の人が寄って来て、切符(この方が合う)を切り始め、
一人9,000ベトナムドン(1,000ドン=5円)を支払う。

 

夜だったので景色が見られなかったけど、日本のODAで橋が出来、
この路線が新設されたのが、昨年の12月末拍手とか。
なんて、ラッキーなんでしょう!

 

ホテルはいつもはロケーション重視で予約するのに、行き先を決めたのが一か月前で、しかも残数2席だったのでロケーションを調べもせず即予約たらーっ

ググってみたら、旧市街から徒歩圏ではないので、その都度乗り物に乗らなければならかった。


がしかし、空港からホテルまではこのバス路線が開通したことで、
信じられない料金で往復しちゃった^^
そして、バスターミナルから徒歩15分のホテルへはタクシーで。

 

いつもはカードで現地のお金を調達するけど、ここは物価がバカ安いので
一万円のみ空港で両替。

そしてベトナムに着いて初めてお金を使ったのがタクシー代。
会計掛りのお友達が、運チャンがお釣りを寄越さないと言うので、何も考えず
20,000-14,000=6,000ドンのお釣りを寄越せと(英語で)話していると、

ホテルのベルボーイが寄ってきた。

 

状況を話すと、ベルボーイは胸のポケットから自分のお財布を出した。
ハテ?  考えてみたら、30円のことでガタガタ言っていた訳で・・・
「少し、少し」というベルボーイの片言日本語も聞き取れてきた。
イヤダ〜恥ずかしい怒り

ということで、初日は終了グッド             to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
中欧こぼれ話-雑貨編-

 

こちらに引っ越しするに当たり
お家が半分になるのだから、
”断捨離”を心がけることにしたのに・・・
特に旅行に出ると買わずにはいられないたらーっ

コーヒーカップもマグも沢山あるのに・・・

世界の4大ブルーオニオンの一つでチェコの

カールスバードのもの。


クリップ1739年、マイセンのクレッチマーによる中国のざくろ文様をデザインした

絵付けが発表されるが、ざくろを知らないドイツの人々はそれを

「ブルーオニオン(青いたまねぎ)」と間違えたことから

その呼び名がついたと伝えられているクリップ

 

むか〜しブルーオニオンも知らずに、モドキ物のシリーズをセットで

使っていたことがあったワ

 

ウィーンのホテルは、モーツァルトが住んだことがあるという”ペンション

・ノゼック”だったからというわけでもないけど、ちびモーツァルト。

プラハにしては(失礼!)オシャレな雑貨やさんで

見つけた、馬と卵入れだという置物。

プラハ城の奥の”黄金の小路”で見つけた、女の子。

 

狭い家で飾るところも無いのにね〜
困ったものだたらーっ

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
中欧こぼれ話-装飾品編-

 

渡航前の情報では、オーストリアは、

スワロフスキー、チェコはガーネットや

琥珀が産物だということだったが

オーストリアでgetしたのは・・・
スワロフスキーのハートの形のピアス。

 

そしてチェコではマザーパールのペンダントヘッド。

お店ではマザーパールと説明されたけど、
”真珠の母貝として使われた白蝶貝”なのね。
初日から、ホテルの隣にあった宝石屋さんのウインドーにあった
このペンダントヘッドが気になっていて、最後の最後にget!
おいそれと買いに行けるところではないし、後悔はしたくないしね。

 

お店の人は、マザーパールがというよりも

彫が特別だと話していた。
良く考えると・・・大きさも含めて手持ちのブルーの

カメオのペンダントヘッドに似ている。
服装の色に併せて使い分けられそう

 

そして帰国日にホテル近くの市場でgetした、これ↓

市場だけどカシミアなのよ。オホホ
これもパリのマルシェで買った赤っぽいショールの色違いとして使えそうYES!

 

お友達は数ある色柄があったのに・・・お母さんにと同じものをgetたらーっ エッ?
色違いならまだしも、全く同じなので同時に使いたくないよね〜
マア、彼女は札幌在住だからバッティングする可能性は低いけどね。

 

他にも、hatchmamが選んだものと同じものを持っているお友達や知り合いがあちこちにいます。
くれぐれも、同時に持たない様にお願いしますよ〜

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
中欧こぼれ話-買い物編-

海外の渡航時に、観光地以外に必ず行くスーパーマーケット。
今回、オーストリアのユーロ以外は、国毎に通貨が違い
ハンガリーフォントとチェココルナは日本では両替できないので、
使いきってしまわないとならない。

そんな時、特に便利なのがスーパーマーケット。

 

チェココルナは、(紆余曲折があったものの泣き顔)帰国日には
残りの金額を考えながら行動したので使いきる必要は無かったが、

ハンガリーでは食べ物を色々get!

 

まずは、ハンガリーのガイドブックに

必ず載っているパプリカのパウダー。
スープ等に入れるらしいけど、未確認。

 

続いて、好きな時に好きな量を出せる

生クリームのスプレームード
ケーキを作ったりする以外で、生クリームが必要な時って、少しだけじゃない?

 

 

 

 

 

 

 

最近はカルディーとか外国輸入食品を扱っているお店でも見られると思うけど、昔はアメリカに行く度にgetしてたな〜
これね。低脂肪だから少しだけ後ろめたさが軽減される^^

そういえば、スプレー式のチーズも買ったな〜

 

他には、すぐそばで可愛い容器に入っていたちみつや、ナッツ入りグラノーラ。
グラノーラは毎回手作りしているけど、市販の物も美味しいしね。

 

お友達もhatchmamの講釈に釣られて全て同じものをget!
食べ物を買って帰ると、日本でもその国の事が思い出されて
二度おいしい、ネ!                to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
中欧こぼれ話-ワンコ編-

 

何処に行ってもワンコを見ると素通りできない。
思わずカメラ(=スマホ)を向けてしまう。
朝ブダペストでホテルから川に向かって

歩いていたら、道を横切る黒い大きな物体が・・・

 

ノーリードで街中を歩くなんて考えられないよね。
取り敢えず、急いでカメラを出し後ろ姿を撮る。

 

熊かと見まごう程の大きさ!!
耳に何か付けていたけど、GPS? 誰も驚かないのも、ビックリ!

 

また、国会議事堂側のベンチ側で飼い主と休んでいたスコッチテリア。こちらは、リード有。

 

続いて、ウーィンで朝のオサンポをしていたスタンダードプードルx2。
「写真を撮らせて」と話しかけるとオスワリをさせてくれた。
こちらはリード有だけど、もう片方はリード無。

 

聞くと、「お利口だから、リードはしなくていいの」だって。
ハッチも、万が一この地に住んだとしたら、いらないかもね。
ドイツでは、人も犬も学校に行かなければならないと聞いた。

 

犬の排泄物用のビニール袋↓や、ゴミ箱↓。
どれだけ彼らの存在が認められているか容易に想像できる。
日本は、この業界ではまだまだ後進国だね。
マア、日本は学校に行く犬は稀だし、飼い主の意識も低いしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行期間中、従兄でラブラブの”ひま”の元でお留守番をしていて、
久しぶりに会ったハッチは、勿論抱きついてきて顔をペロペロハート大小
「会いたかった〜」ビームを全身から発してました。

                         to be continued.

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ