ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
クリックポスト

 

これ知ってた?
前は、誰かに物を送る時、
小さなものは封筒に入れて定型か

定型外で、大きなものは配会社の

宅配便で、しかなかった。

 

最近は多種多用で、調べたら宅配業者と郵便局でキリがないほどある。
今回は、最も簡単で格安、しかも配送完了かどうかを確認できる
クリックポスト”にしてみた。

 

それは・・・
--------------------
郵便局に行くことなく、自宅で宛名を印刷(=宛名を書く必要が無い)して
ポストに投函する郵送サービス。
全国一律198円で、長辺34cm以下×短辺25cm以下×厚さ3cm以下で
重量1kg以内の品物を郵送できます。

また、追跡サービスとして郵便物が届いたかどうかの確認もできます。

--------------------
 

但し、利用の際にはYahoo!JAPANのIDが必要で、決済はYahoo!

ウォレットで行うので、事前に準備しておかなければなければならない。
以上が可能な人なら、使わない手はないよ^^

 

 

 

 

 

0
    | さもないこと | 11:30 | comments(0)|
    敵を知り、己を知る

    孫子の兵法に出てくる有名な一節、とか。
    もり・かけに始まり、さくら・・・
    もう数え上げたらきりがない”シンゾー君”
    更に、改憲の布石かと考えられている
    「改正特措法」を決め、やりたい放題の
    独裁者にまい進中!

     

    この国を、日本一、いや(オリンピックを誘致する演説で福島はアンダー

    コントロールされていると言った)世界一の嘘つきに委ねてしまって・・・
    今更ながら、彼のルーツを探ることにした。

     

    「絶頂の一族」で、兄弟とは誰もが夢にも思うはずがない、岸信介と
    佐藤栄作が兄弟と知った時は驚愕だった。
    岸は佐藤家から岸家に養子に出されたので名字が変わったのだ。

     

    興味を持った人は是非自分の目で確認してね。
    このことは学校では習わなかったと思ったけど、学校では史実だけを
    教育すれば良い訳だから、人間関係まで教える必要はないものね。

     

    最近の国会中継はある意味面白いので、仕事がお休みの日は割と見ている。
    先日の「募ってはいたが募集はしていない」と平然と国会で答弁した時、
    驚きを通り越し、これが日本の首相かと思ったら情けなく恥ずかしくなった。

     

    その後の、ヤフーニュースのコメントが面白かった〜
    ”眠ったが睡眠はしていない”や、”食べたが食事をしていない”などなど。
    ガハハハッ

     

    アンチシンゾーだから今まで興味なかったけど、急に厚顔無恥を育んだ
    ”家族:父(安倍晋太郎)、祖父(岸信介)”や環境を知りたくなった。
    ---事実は小説よりも奇なり---
    イヤ〜この本、面白かった〜

     

    あんまり面白かったので兄に話したら、早速ツタヤで予約した、とか・・・

     

     

     

     

    0
      | さもないこと | 10:45 | comments(0)|
      中国人の衛生観念


      コロナウイルスの最大の予防は
      マスクではなく、手洗いと言われている。
      なのに、未だにマスクは不足して、
      転売ヤーとやらが、ボロ儲けしている。
      トイレットペーパーやテッシュも
      デマに振り回されている人が多数いる。

       

       

      電車の中でくしゃみをした女性のせいで男性二人が喧嘩になった
      ニュースを見ると、突然の自然現象のくしゃみに備えマスクは必須となる。
      ここのところ、日本人がギスギスしだした。

      政府の対応が後手後手で、安心を提供するどころか国民に不安を与える

      ばかりだ。


      yahooのニュースのコメントをみたら、「首相がトイレットペーパーや

      テッシュはほぼ100%国産で充分足りていると話しているから、

      買占めはやめましょう!」というコメントを見たが、そもそも

      モリ・カケ・桜問題で嘘八百を実しやかに述べる首相の言うことが

      信用できないから行列に並ぶ人がいるのに、判ってないね。

       

      -----閑話休題-----
      札幌にいたころ、研究室の中国人の奥さんにランチに招かれたことがあり、
      餃子の作り方とかを学び、トイレを借りたとき、タオル掛けには

      何も掛かって無く、そぐ隣にあった洗面所には濡れた台ふきんの様な

      タオルが置いてあっただけだった。

       

      自宅に戻って検索してみたら、中国人はトイレから出た後に手を洗う習慣が

      無いということを知り、衝撃だった。
      意外なことに、フランス人も、欧米人も結構いた。


      このコロナウイルスが広まったのは、まず生きた動物を市場でさばいて

      売っていた事の様だったけど、中国の市場で蛇をさばいていたのを見て、

      悲鳴をあげたことがあった!

       

      次に手洗いの習慣が無いことだと思う。

      何故、マスコミや研究者はそれを取り上げないのか不思議に思う頃ごろ・・・

       

       

       

       

       

       

      0
        | さもないこと | 10:04 | comments(0)|
        直感で決断している人


        そうです!
        それは、私です!
        自己啓発本とかに
        ”人間が決断するときに、3種類の人間がいます”

        といった事が掲載されている事がある。
        で、調べてみたら・・・

         

         

        ナント!常日頃、”石橋を叩いて渡る”ならぬ、
        ”石橋を叩かないで渡り”落ちた時はその時に考えれば良いと思うタイプ

        のhatchmamは見事に、ど壺にはまった〜

         

        -----決断が早い人
         人生を楽しむのが上手い。刺激好き。 細かいことはあんまり気にしない。
         打たれ強い。立ち直りが早い。挑戦者。

         (世間的に見て)失敗することもある。

        でも、本人はそれを失敗とは思っていない。 短距離走者的。
        -----決断が遅い人
         堅実。真面目。粘り強い。根性がある。 失敗することはとても少ない。
        しかし、「今」というタイミングを逃すことがある。
        コツコツと目標に向かい達成できる芯の強さがある。 長距離走者的。
        -----決断も何もしない人
        存在感が薄いため、神様に気づかれることもなく、助けられることもなく、
        その名のとおり何も起きない。

         

        神様が一番見てくれるのは、どんどん決断をして、積極的になっている人。
        大いに間違い、大いに笑い、楽しみ、悲しみ、いろいろあるけれど、
        頑張って行動している人。
        神様は、こうした積極的な人を見逃しはしません。
        見逃すどころか、一生懸命頑張っていることに心を打たれ、

        助けてくれるようにさえなります。

        だから積極的に行動している人は、運がいいのです。

        ------------------------------------

        ハハ〜ッ!よく人に”運がいい”と言われるけど、

        そういうことだったのか・・・あなたは?

         

         

         

         

        0
          | さもないこと | 10:50 | comments(0)|
          天変地異

           

          今朝朝刊を読み終わり、台風時関空に
          いた人たちの搬送が始まったと知り、

          安心してテレビを点けたら、
          北海道に震度6強の地震があったと・・・
          この夏関東地方では記録的な猛暑にみまわれ、

          やれやれと思ったら記録的な台風が

          日本を直撃し、この地震。

           

          今春訪れたポルトガルでは最高気温が40度になり、山火事が発生し、
          今春本国に帰国した南インドの女性のケララ州では大洪水で
          100万人が避難し400人が死亡したとか。

          この現象は日本だけの話ではない。

           

          今朝、姪の子Yちゃんの保育園の駐車場のおじちゃんが
          「神様が怒っている」と話していたけど、本当にそう思う。

           

           

           

           

           

          0
            | さもないこと | 11:25 | comments(0)|
            天皇の料理番-堺正章編

            3年前にも佐藤健君と黒木華編でも投稿せずにいられなく投稿したけど、
            見逃した堺正章と檀ふみ編がBS12で今日から始まる♪

             

            このチャンネルはBSでもマイナーなチャンネルで
            お買い物チャンネルと思っていたので、殆ど見ない、し
            チェックしないのに今朝偶々見て、気が付いた☆
            ----------------
            JUGEMは、数ヶ月前から絵文字が使用できなくなった。ウウッ

             

            ナント!堺正章編は、1980年制作だったンだ〜
            佐藤君と黒木編も楽しみだったけど、檀ふみが好きだし、
            楽しみ♡

             

             

             

             

            0
              | さもないこと | 08:49 | comments(0)|
              片方の手袋


              数日前から、ハッチのオサンポ時、
              電柱に「落し物です」と書かれたメモが
              透明なビニール袋に入っていたのを
              目にしていた。
              手袋は落としがちなんですよね〜
              出来たら、子どもの様に紐を付けて
              首に掛けたいくらい・・・

               

              今日、何気なくハッチが用を足した後見たら、手袋の替わりに「手袋を拾ってくださった方 ありがとうございました」とのメッセージが。
              お互いに姿かたちは見えない状況で、電柱で^^
              こんなやりとりができたなんて、心がほっこりし

              感動すら覚えた。

               

              さながら、今は無き駅の伝言板の様。
              持ってない人はいないほど携帯が台頭してきている昨今、
              こんな伝言の方法がまだ有効だったンだ!
              物理的に便利な世の中になったけど、心は変わらず二人の様にいたいと
              再認識した出来ごとでした。

               

               

               

               

               

              0
                | さもないこと | 10:43 | comments(0)|
                虚ろな十字架

                 

                 

                年末に東野圭吾の”手紙”を読んでからの2冊目ムード
                フルタイムで働いていた頃、寝る前の読書は、
                じっくり読む時間が無かったし、長編だと
                つい読み続けて寝不足になりがちなので、
                エッセイが多かったな〜
                今?山崎豊子とか宮尾登美子を読み通したYES!

                 

                ”手紙”では、人に悪いことをした時、謝れば良いと思うのは、
                加害者の思い上がりであり自己満足であることを認識。
                もちろん、謝らなくても良いという事では無く、その程度が大事。
                んー。

                 

                そして、この本。何がビックリって!
                ここ最近寒くなって来てから、ハッチが

                ガチョウの様にガーガーいう渇いた咳が

                気になっていた。
                近所のお友達おばちゃんに話したら、

                部屋が乾燥しているから喉が変なんじゃないの?と言われ、そうかな〜

                と思っていた→呑気?

                 

                この本の主人公の仕事が動物の葬儀屋さんで、お客さんが
                連れていた犬の咳をみて、”気管虚脱”かもしれないと話していた。
                その症状がハッチに合致するので、ググってみたら正にそれだった!!
                病院でそうだと診断されると、対処療法で薬が投薬されるようだけど、
                ハッチはめったにしないし、取り敢えず様子をみることにした。

                 

                以前も叔母の目の病気が判明した時、その時読んでいた宮尾登美子の”蔵”の

                主人公がその病気に罹っていた。
                その時読んでいる本と(身近な人の)病気が結びついたのは、これで2回目。
                偶然と呼ぶには余りにも不思議なぴかぴかシンクロニシティぴかぴか
                やはり、世の中には科学では解明できない何かがある、と思う。

                 

                 

                 

                 

                 

                0
                  | さもないこと | 10:13 | comments(0)|
                  夢を見る必要がない?


                  村上春樹の小説は、新刊が出るたびに
                  手にしてみるけど、ナンかな〜で終わっていた。
                  ベストセラー作家だし、毎年ノーベル賞の
                  発表の季節になると話題になるし、
                  取り敢えず読んでみるけど、琴線に触れた
                  本は無かったな〜

                   

                   

                  が、本人は本業の合間に書く?というエッセイは好きラブ
                  彼のゆるゆる感と控えめの性格が好きラブ
                  小説はフィクションだけど、エッセイは作家自身が表れているものね。
                  サラダ好きとか共通する部分が多かったりすると思うきや、
                  偶に”男”の部分が出てきたりして^^

                   

                  ある日、心理療法家に「あなたは夢を見る必要がない」と言われた。
                  彼はその理由を確かめようにも、そうおっしゃった方は
                  あの世に逝ってしまい確かめようがないとか・・・
                  前にもこの場でこの話をしたかもしれないけど、
                  hatchmamも殆ど夢を見たことが無い。

                   

                  高校生の頃、どくとるマンボウシリーズが好きで北杜夫の本を愛読していた。
                  その中で、”枕元にノートと筆記具を枕元に置いておくと夢を書きとどめて
                  置くことが出来る”と知ったので、純真で素直であったから?
                  やってみたけど・・・ノートは真っ白のままだったがく〜

                   

                  そりゃそうだ。
                  当時一度寝たら地震があろうが大風が吹こうが夜中に起きたことは無かった。
                  朝食時の家族の話題になっていても、「へえ〜」と思ったものだ。

                   

                  今? ハッチが少しの変化にも反応する(=吠える)ので、
                  いくら爆睡派であっても目は覚めますよ〜
                  眠りが浅くなったということかしら?
                  ということは、今”ノートと筆記具を枕元に”の時期かもね。
                  って、それほど純真じゃ無いからな~

                   

                   

                   

                   

                   

                  0
                    | さもないこと | 10:38 | comments(0)|
                    ことりっぷ

                     

                    一時期、海外旅行には必須のガイドブック
                    であった「地球の歩き方」。
                    中国の故宮で、現地の人に日本語で
                    話しかけられたので聞いてみると、
                    「日本人の殆どは”それ”を持っている」
                    と話していたことがあった。

                     

                     

                    最近は、多様化しつつある様な気がする。
                    中にはスマホだけで歩いている人もいるかもね。
                    hatchmamも、ここ数年「地球の〜」以外に
                    この「ことりっぷ」もチェックしている。
                    が、文字が若干小さく地図に至っては眼鏡が必要になり、
                    持ち歩くには不便なので、参考程度しか見ない。

                     

                    先日、図書館の広報のスタンドにこれ↑が置いてあった^^
                    手に取ってみると、レイアウトや記事の取り上げ方が本家とそっくり。
                    アレ?と思って裏側を見てみたら、ことりっぷ編集部のものだった。
                    居住区の物ではないものの、行政もなかなか良い仕事してますな〜

                     

                    そう言えば、先日のゴッホ・ゴーギャン展に

                    行った時、館内で目にした美術館の案内→
                    これも、気が利いているでしょ。
                    著作権等の関係で予算が絡んでくるとしても、
                    広報は手に取ってみたいと思わせるもので

                    あるべきですね。

                     

                     

                     

                     

                    0
                      | さもないこと | 08:59 | comments(3)|
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + LINKS
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      + PR
                      このページの先頭へ