ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
夢を見る必要がない?


村上春樹の小説は、新刊が出るたびに
手にしてみるけど、ナンかな〜で終わっていた。
ベストセラー作家だし、毎年ノーベル賞の
発表の季節になると話題になるし、
取り敢えず読んでみるけど、琴線に触れた
本は無かったな〜

 

 

が、本人は本業の合間に書く?というエッセイは好きラブ
彼のゆるゆる感と控えめの性格が好きラブ
小説はフィクションだけど、エッセイは作家自身が表れているものね。
サラダ好きとか共通する部分が多かったりすると思うきや、
偶に”男”の部分が出てきたりして^^

 

ある日、心理療法家に「あなたは夢を見る必要がない」と言われた。
彼はその理由を確かめようにも、そうおっしゃった方は
あの世に逝ってしまい確かめようがないとか・・・
前にもこの場でこの話をしたかもしれないけど、
hatchmamも殆ど夢を見たことが無い。

 

高校生の頃、どくとるマンボウシリーズが好きで北杜夫の本を愛読していた。
その中で、”枕元にノートと筆記具を枕元に置いておくと夢を書きとどめて
置くことが出来る”と知ったので、純真で素直であったから?
やってみたけど・・・ノートは真っ白のままだったがく〜

 

そりゃそうだ。
当時一度寝たら地震があろうが大風が吹こうが夜中に起きたことは無かった。
朝食時の家族の話題になっていても、「へえ〜」と思ったものだ。

 

今? ハッチが少しの変化にも反応する(=吠える)ので、
いくら爆睡派であっても目は覚めますよ〜
眠りが浅くなったということかしら?
ということは、今”ノートと筆記具を枕元に”の時期かもね。
って、それほど純真じゃ無いからな~

 

 

 

 

 

| さもないこと | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ことりっぷ

 

一時期、海外旅行には必須のガイドブック
であった「地球の歩き方」。
中国の故宮で、現地の人に日本語で
話しかけられたので聞いてみると、
「日本人の殆どは”それ”を持っている」
と話していたことがあった。

 

 

最近は、多様化しつつある様な気がする。
中にはスマホだけで歩いている人もいるかもね。
hatchmamも、ここ数年「地球の〜」以外に
この「ことりっぷ」もチェックしている。
が、文字が若干小さく地図に至っては眼鏡が必要になり、
持ち歩くには不便なので、参考程度しか見ない。

 

先日、図書館の広報のスタンドにこれ↑が置いてあった^^
手に取ってみると、レイアウトや記事の取り上げ方が本家とそっくり。
アレ?と思って裏側を見てみたら、ことりっぷ編集部のものだった。
居住区の物ではないものの、行政もなかなか良い仕事してますな〜

 

そう言えば、先日のゴッホ・ゴーギャン展に

行った時、館内で目にした美術館の案内→
これも、気が利いているでしょ。
著作権等の関係で予算が絡んでくるとしても、
広報は手に取ってみたいと思わせるもので

あるべきですね。

 

 

 

 

| さもないこと | 08:59 | comments(3) | trackbacks(0) |
かな習字

 

 

 

4月から始めたかな文字。
まずは、「あいうえお」から「いろは」。
そして変体(変態じゃないですよ〜)がな
を習い、連綿(つづけ書き)へ。

 

 

毎回ステップアップして行くものだから、最初から落ちこぼれたらーっ
初級のクラスのはずなのに、20名程の半数が
前から習っていたとか。

 

四の五の言ってもしょうがないけど、言いたくなるでしょ。
道理で、皆さんスラ〜スラ〜書いていると思ったワ
しかも、上手拍手

 

そして、今月末に作品展があるので出展するための作品を書け、とのお達し。
偶々先生に玄関で会ったので、
「筆を持ち始めてまだ数回で、人様にお見せできる物は書けないし、
そんな簡単に書けるものですか?」と訴えたら、
「何処が書けないのか」と逆に聞かれた泣き顔

 

今日は朝から雨が降り続いていたし、行きたくないので”仮病”

が頭を霞めたけど、逃げるのは嫌なので仕方なく行った。
何年も前から習っている人たちは、手順が解っているので
既に自宅で仕上げてきていた。

 

こちとら、何も分からずアセアセ状態汗で何とか清書用用紙に
5枚書いたけど、どれも納得できない出来栄えたらーっ
先生には「これが精一杯です」と、押し切った。

 

落款を押し、台紙に入れるとそれなりにカッコついた、感じ。
が、良く見ると、素人感一杯(当り前)でアチコチ粗が気になり、
他の人と比べると穴があったら入りたい位恥ずかしい出来。

 

”し”とか、”う”と”り”が書きやすそうだったので、選んだ俳句は芭蕉の
”すゞしさを 絵にうつしけり 嵯峨の竹”

 

先日、英語俳句でもこの句を選句し、こんな風に訳した。
put the coolness
into pictures
bamboo in Saga

 

来週で終わるけど、長く習っている人たちは見本にしても良いくらい
上手だから、習い続けたら良いと思うけど、
忙し過ぎて練習もままならないので、思案中。

 

 

| さもないこと | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
おけいこ事
2016.4.26

昨年末からお習字の教室に
見学に行ったり、体験してきたりしたけど、
やっと教室が決まり、今月から通っている。


体験までした教室では、”墨遊び”で好きに書いていいと言われても
やはり基本が出来てないと、余程の才能が無い限り
字の流れや余白の使い方が素人丸出しひやひや
やはり、「振り出しに戻らないと・・・」ということで、
かな文字の初級クラスに入会。2016.4.26

高校生以来の書道なので、
道具選びからシックハック汗
台湾でgetしてきた硯と墨(デカッ)→

初日、初級クラスの筈なのに皆上手で、
ス〜ス〜と書いて(る様に見えた)先生に添削してもらっていたので、
アセアセ状態で、何とか一枚を仕上げた。

元々筆圧が強く字が見本の倍くらいの太さになってしまい、
当然の成り行きで、何回も筆に墨を付けなければならなかった。
こうみえても(どう見える?)体育界系で男っぽくガサツで、
しなやかで女性的な字を書くなんて、無謀なことをしようとしいるのかしら?
なんて思いながら、何度も墨をすった。
                          to be continued.


 
| さもないこと | 14:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
書道事始め
そもそも書道に興味を持ったのは、俳句がきっかけ。
習い始めのころ、短冊にお気に入りの句を書いた時、
字が思うように書けず、しかも全体のバランスが悪く、後悔しきりモゴモゴ

ハッチのボランティアでの老人施設で、廊下に掲示されていた色紙の
流れるようなかな文字を見て、施設に入ったら
俳句と書道をしようと思っていたが・・・
入所するときはどこか悪くなっているわけ(hatchmamの場合)だから、
その時点で事始めをしても遅いことに気がついたひらめき
だいたい施設に入るかどうか分からないしね〜

PCを使うようになってから、字を書くことが殆ど無くなった。
なので、漢字を選択することはできても、書くとなると覚束ない。
筆を持つのは、高校生の時の選択教科で、書道をとった以来、かな?

カリグラフィーも習ったこともあったな〜
字を書くという点では同じだけど、ペンと筆ではペン先の堅さが対極にある。
体験入学をしてみたけど、普通のお手本通りに書く書道教室ではなく
”墨遊び”と称するお教室だけあって、自由な発想で何を書いてもいいらしい。

2016.2.13これこれ!こんなことがしたかったのYES!
墨を薄くしたこのグレーの字も好みだワ〜
所謂普通の黒い字も書いてみたけど、こっちがいい〜

ただね。他の生徒さんは皆さん書道歴が長そうで、
うますぎるたらーっ
差がありすぎて通うのが億劫になるとか杞憂し・・・
(めずらしく)迷っている。どうしよう?


 
| さもないこと | 17:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
シンクロニシティ またまた
2015.10.16ビックリした〜
ある日のお昼休み、職場の図書館で
3冊の本を借りた。
お昼休み後、先生が会議中で、替わりに
取った電話が”都立○○高校”の先生から。
今週先生がこの高校で講演が予定されていた。

毎晩就寝前に読書をすることを習慣にしているが、
同日夜、3冊中で何気に手にして読み始めたのが、
戸田奈津子さんの「Keep on Dreaming」
数十ページ読み始めて、あまりの偶然に体が熱くなった。
ナント!戸田奈津子さんのお母さんが勤務していたのが、
”都立○○高校”だと・・・

両方の日にちのズレが大きかったりすると、忘れることがある
かもしれないけど、同じ日だったので忘れるはずがない。
こんなことは、しばしば。

     遊園地 遊園地 遊園地 遊園地 遊園地

先日、以下の松尾芭蕉の俳句を英語に訳すのに”はりぬき”を調べていたら、
【はりぬきの  猫もしる也  今朝の秋】
朝ドラの(あさが来た)に”張り子”の犬が出てきた!!

”意味のある偶然の一致” あり過ぎびっくり
神様はいたずらが過ぎやしませんか。

 
| さもないこと | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンクロニシティ、再来

2015.8.8日本語では共時性:”意味のある偶然の一致”のことは、
以前こちらで取り上げた事がありました。
一昨日は原爆記念日、そして15日は終戦記念日。


ということで、今読み終わった本が
「日本とアメリカ:ハーフ・アンド・ハーフ」
戦争はいかなることがあっても、絶対にしてはいけない事。
理不尽なことだらけの中、昔の人は我慢強い事を実感。

             
                    
昔から海を渡った日本人に関係した本が好きで、
山崎豊子の「二つの祖国」や「大地の子」はもちろん読破したし、
TVの「こんなところに日本人」や「世界ナゼそこに?日本人」も好きだから、
勿論タイマー録画してる。

”本棚を見れば、持ち主の人柄がわかる” と、よく言われるけど、
テレビ番組の選択も人柄がわかりますね。
(日本も好きだけど)海外関連の事柄は、スルーできない。


で、この本、マア米国から帰国したばかりだから、
特に”米国”ということで触手が動いたというのもあるけど・・・
この主人公の日系人の幼少時代を過ごしたのが、ポートランド。
こいうことって、ホントに良くあるのよ〜




| さもないこと | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
共時的現象

2015.2.17
今日は心理学のお話。
実は、このシンクロニシティ(共時性)は
何年も前から年に数回体験している。
その度に不思議に思っていたけど、
特に気にしていなかった。



それは・・・
叔母(母の妹)がその目の病気だと知ったのが昨年で、
病名を知ったのが先月。
先月作家の宮尾登美子が亡くなり、NHKで彼女の特集番組が放映され、
檀ふみが出演していた”蔵”の映像が数分流れた。
檀ふみが好きだし原本を読みたくなり、手に取って開いてみたら
主人公の病気が叔母と同じ病名だった。


お友達に、「それは共時性だよ」と言われたので調べてみたら、
心理学者のユングが表現している「意味ある偶然の一致」と合致
---------------------------
「希望する人にとっては、共時的現象がよく見えるようになる。
共時的現象は、実のところよく生じているのだが、
われわれがそれを把握していないのだ、とも考えられる。
「希望する」人は、心が広く開放されているので、
共時的現象によく気づくとも考えられる」
------------------------------
特に何も希望していないけど・・・心は広く開放されている、かな〜


| さもないこと | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
国民の権利:参政権

2014.12.13


明日は参政権を行使できる日ですね。
ここではゆる〜い内容が殆どだけど、
本日は政治の話しなので、
興味のない人はスルーして下さいネ。



実は、hathmamはアンチ自民。
選挙の事をあれこれ書くとキリが無いのでそれは控えるけど、
今回は選挙のついでに審査される”最高裁判所裁判官に対する国民審査”。


今まで裁判官審査には興味が無く全く眼中に無かった。
でも、今回は違う。
選挙も重要だけど同じ位重要だと気がついた


今まで罷免された裁判官は一度もなく、結果によっては、
今回の衆議院選挙が無効になり、やり直しになる可能性も出てくる、とか。
このままで行くと民意と離れた結果になりそうだから・・・
一人一票実現国民会議”のHPを見て下さい。


今まで自分の意思で候補者を選ばなかった人。
是非、自分の意思で投票してください。
投票所に行かない人は、ダメヨ〜、ダメ、ダメ。

| さもないこと | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
英語俳句デビュー

2014.11.24

札幌にいた頃の英語塾の先生仲間の句会に誘われ、
まずは句集をget!
2人は札幌、2人は神奈川県の4人で同じ句集を手元に、
句集についた番号を順番に選んでいき、
英訳した句をPCのメールで全員に配信



来月から初心者対象の俳句の教室に通うことになったとはいえ、
英語俳句と日本語で俳句を詠むことは全く別の作業。
英訳は寂切った英語の発想も呼び起され、頭の活性化には良さそう


でも、古典的で文学的な表記の俳句を英訳なんて・・・誰が考えたんだろう。
これ、解るかな〜


late in the fall
wonder how people
next door live


マア、この句を知らない人はいない程メジャーな句だから、
敢えて元の句を載せないけど・・・サテ 次は何番かな?



| さもないこと | 15:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ