ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
タティングレース:再び

 

 

札幌にいた頃、近所の雑貨やさんで
習っていて、横浜に越してきてから
前の家でも一時期勤しんでいたのに、
いつの間にか、というか忘れていた!
こういうことは、時間的、精神的に余裕が
ないと出来ないよね。

 

先日、玄関に置いてあるスツール用の小さめクッション(30cm角)の
縁取りにと、途中までしてあったのを思い出したひらめき
手に持ってみるとすっかり忘れてしまっていて、本を開いてみても
解らず・・・

 

カルチャー教室に通い直さないとダメかな〜と思いつつ、
最初からやってみたら思いだした拍手
自転車や車と同じで、身体(=指)が覚えていたのね。

 

普段使う事の無い左手の指を細かく使い続けた結果、
次の日指がカクカクとなり、間違いに気が付き解けるものは
何度か解いたりして、何んとか出来たYES!

 

どう見ても文系では無く体育会系なのに、こんなことも好き!って、
そのギャップがいいでしょう。ナンテ・・・

 

 

 

| 私の日常 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
♪ I shall be released ♪

ご存じ!今年ノーベル賞を受賞した
Bob Dylanの曲ムード
この曲ねぇ。何処で思い違いをしていたのか、
『ショーシャンクの空に』の映画で
モーガン・フリーマンが投獄され、
その挿入歌だったとずっと思っていたたらーっ
マア、そういう思い込みは良くあることで・・・

 

     ツリー ツリー 本題 ツリー ツリー
毎年恒例の我が家での今年のクリスマス会は、福島、静岡からも参加して
ナント総勢10名!!
こんなちっちゃな狭小住宅の狭いリビングに10人? どうなるかと一寸思ったけど、前の狭小住宅でも特に問題も無かったので恙無く終わりました。

 

このメンバーは、何を隠そう学生時代のフォークソングクラブの仲間。
メンバーの一人が数年前からウクレレを習い始め、一昨年位からウクレレと
楽譜持参で来ていたので、皆であの頃を思い出し奇声美声を発していたるんるん

 

今年は特にディランがノーベル賞を受賞し、
我がクラブでもこの曲を皆でsing outしていたので、
ウクレレ彼女が楽譜を用意し、彼女の伴奏で当時の歌も歌ったり・・・
駅に向かう我が家の脇の道を通った人達は、驚いたでしょうね。

 

学校を卒業してン十年。
年を重ねそれなりに皆年を取ったけど、中身は同じなんだよね〜
子供というか、幼稚というか・・・

 

学生時代を知っているから、大人になって知り合った友達と違って、
何を言っても許されるし、ありのままでいいから気が楽なンだよね〜
老眼になったり、髪に白いものが目立ってきたりしてきたけど、
腰が曲がってもこうしてみんなで同じ時を過ごせたらいいな〜

 

 

 

| 私の日常 | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
御持たせ物

これは、研究室のインド人の女性を我が家に
招いたときの、彼女のおもたせムード
彼女に俳句の話をしていて、

句会に出した句を見ようとPCのファイルを開いたら、

一番上の行に「インド人 菊の花束 持ち寄りぬ」

が出てきた?
それは札幌での出来事だったけど、先月の兼題が

”菊”だったから、思いだしの。

 

前の職場には外国人が数人いて、時折我が家に招いてはテラスで

BBQパーティを開いていた。
ある時、ギリシャ人の研究員が

「日本人の家に招かれた事が一度も無かったから、嬉しい^^」
と喜んでいたので、今回彼女を誘った訳で・・・

 

その時、インド人の夫婦が持ってきたのは仏前に供える菊の花束ひやひや
対外国人では色々なことを経験しているので、余程の事がない限り

驚かなかったけど、この時はビックリしたワ〜

普段なら日本の事で間違いに気がついたら教えてあげるけど、
流石にこのことは言えなかったひやひや

 

彼女にこの話をしたら、(彼女が謝る必要は無いのに)謝られた。
知らなかったら、しょうがないものね。
お花屋さんは一々聞かないし、日本語が通じないと思ったら余計にね。

 

そう言えば、彼らは変わっていた。
BBQだから、自分が飲みたい物や食べ物でも、持ってきて!と話したら、

奥さんはシルクのサリーを着てきてドレスアップしてきて、

1000mlのパック入りジュースを1本を持ってきてたりね。
日本人なら、あり得ないよね。

 

同じインド人の彼女で、お国柄だと思ってたのは早合点だったと分かった。
やっぱり、人柄だね〜

 

 

 

| 私の日常 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
運動会

 

近所の姪兇了匐,留親芦颪法
”おばあちゃん”枠で参加たらーっ
この場合、”祖母”にすると
より年寄り感があるので

敢えて”おばあちゃん”を使用。

昨年までは不定期で預けていた保育園だったので
無かったけどね。

 

先月は祖父母の会があったりで、何かとイベントがあるとか。

この保育園は、市の大きな公園に隣接しているので
度々遠足と称しお弁当を持参して園内を周ったり、
今回は広場に白線を引いて運動場に見立て、それなりに整っていた。

 

姪兇呂海諒欅蕷爐亮然が一杯の所は、気にいっていた。
第5希望の二次募集で当たったものの、

細かく言うと色々あるらしいけどね。

 

運動会は、定番の玉入れあり、
父兄の(デカパン)リレーがあったりで、
先生方の準備の大変さが垣間見えた。
この3色の布で作った丸い布→を皆で、
熱気球やメリーゴーランドを作ったりで、その使い方にも感心した。

 

今ハッチのボランティアでも、皆でクリスマス用のポスターやカードを
作っている。
最初は面倒だと思っていても、始めてみると意外に楽しくなるンだよね〜

 

 

 

| 私の日常 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
potluck party
2015.12.26
皆さんは、どんな風にクリスマスを
過ごしましたか?
毎年恒例我が家でのpotluck partyツリー
9人のそのメニューは・・・
キッシュ、サラダ、豚肉の紅茶煮、
ラスク(ディップ添)、ローストチキン、
おでん、シュトーレン他。

其々手造りが基本なので、レシピを披露することもある。
その中の一品、メニューの名前を聞き忘れたたらーっ
彼女のレシピの細かいことプシュー
大雑把なhatchmamには無理たらーっ

だってぇ〜。
○○度の温度で○分○秒茹でて、○グラムの○を加えてって。
あり得な~い。
初めて作る料理やパンやケーキを作る時は、割と^^重さを測るけど・・・

ハッチのゴハンだって、初めて食べさせるフードは測るけど後は目分量。
それでも、ハッチは毎年の健康診断でで褒められる。

彼女の様な先生の料理教室に通ったら、料理は絶対に嫌いになるな〜
hatchmamの料理の信条(大げさ!)は、簡単美味しいだから。
あの時真剣に聞いていた皆覚えているかな〜
否、覚えているはずがない!!

 
| 私の日常 | 08:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
小さな小さなお客様

2015.8.18
姪恐搬欧旅行に行くということで、
我が家でお預かりすることになったお客様。
2才のやんちゃなYちゃんを連れて、
紐育に行くなんて、無謀としか言いようがない。
14時間の飛行機の中は推して知るべし


で、このカブト虫のお客様。
昆虫類とか小さな生き物が苦手なので、ホント言うと断りたいくらいだったけど、
Yちゃんを泣かせたくないのでやむなく承諾。


翌朝、生きているかどうか虫カゴの中を確認。
近くで見たこともないし、もちろん触ったことも無いので、ソッと・・・
田舎で生まれ育ったのにね。
もてなし?の仕方を聞き、玄関に設置。


指に乗る(絶対にイヤ〜)ほどの極小であっても、
我が家に心臓の有る生物が自分以外に二つあることに、
平和・平穏を実感したhatchmamなのでした。


| 私の日常 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
天皇の料理番

2015.6.11
日曜日TBSの番組。
見てます?
今までで3回テレビドラマ化
されたらしいけど、
多分スルーしていたかも・・・


佐藤健も良いけど、黒木華もいいね〜
黒木華の妻の”ジュ・テーム”の手紙の場面と
鈴木亮平の兄の手紙を読む場面では、無しには見られない。


さだまさしの主題歌「夢見る人」がまた良い
”主人公を支えた女性”の視線で、「北の国から」の様な曲をリクエストされたとか。
確かに、エンディングに流れてくるこの曲は”北の国から”を
思い起こさせる曲だと最初から思っていた。


未来の可能性が無限大の「夢見る人」をそばで見るのは、心地いいもの。
翻って、自分の事として考えると・・・「夢」ねぇ。
無いな〜これって、ヤバイ?


| 私の日常 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひなまつり

2015.3.3昨年末から始めた俳句。
毎回お題があって、2句づつ投句し、
句会をしている。
---------------------
句会
は、複数の人間が自作の俳句を出し合い、
評価・批評し合うために行 われる集まり


来月より同じメンバーで正式に会として発足することになり、
先生が、その会の名を第4木曜日に皆が集まるので”紫木蓮”と発表
字面もいいし、音(シモクレン)的にもいいし、流石ですね〜
いつになったら、そんな感覚になれることやら・・・
hatchmamの語彙の引き出しには、欠片も無い(涙)

(初心者対象の)教室で、投句された句を詠むにつけ、
自分には俳句の感性が無いと思っていたこの頃、
下記の句を選出してくれた人が5人もいて
その中の一人が(俳句に造詣が深いという)館長さんだったので、
俄然やる気が出てきた。←単純^^
”翌日に”ではなく、絶対に”翌 日は”です!と言われましたけどね。


「翌日は 置いてけぼりの おひなさま」
お後がよろしいようで・・・



| 私の日常 | 10:26 | comments(3) | trackbacks(0) |
3年越しのシクラメン

2015.1.27

生物の逞しさというか、ものぐさが良いのか、
何カ月もずれているものの
今年も花を咲かせてくれた
寸での所で救われたのよ。

昨年のクリスマス時にお泊りをしたお友達に
「霜が降りたりしているンだから中に入れないと・・・」と言われたので、
急遽ベランダから室内に移動となった訳で(汗


(一度も肥料もあげたこともないのに)また今年も咲いてくれてありがとう!
これからは、もう少し気持ちを入れてあげないとね〜


| 私の日常 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
実はね・・・

2014.10.1先日、他県に住んでいる姪気了匐,隼罎罵靴鵑任い董
フト思い立ち、穴を二つあけてメガネを作り、
耳に掛ける為の輪ゴムを通してみた。

そしたら、こんな表情をして見せてくれたので
シャッターを押さずにいられなくて  可愛い^^
この4歳の子の口癖が「実はね・・・」で、
この年代の子が「それでね」とか言うところでも、
「実はね・・・」と言う。


よくよく注意してみたら、母親=姪の口からも出てきた
子供は親の口調を真似すると言うけれど、正にこの子がそうだった。


姪気呂△泙蠡人僂靴討い襪弔發蠅鰐気い噺世辰討燭韻鼻
「実はね・・・世の中には良い大人ばかりではなく、悪い大人もいるンだよ」
といったことを教えるときに言ってたかもと話していた。
そんなことを子供に話さなきゃならない世の中って、悲しいね。

姪気了勸蕕討鮓ていると、小さい時からどんなことでも
面倒がらずに丁寧に説明している。
こんな小さな子に説明しても解らないのに・・・は、彼女らには無関係。
だからか、彼女は妙に大人びた所もある。


彼女がどんな大人になるか、たのしみだワ〜

| 私の日常 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ