ずっと、ずっといっしょだよ!

ハッチと始まったベイライフ♪
ちっちゃな我が家にも、遊びに来てね。
-バルセロナ3日目-
 

翌日は、午前中の便で帰国するので実質最終日。
日程は6伯8日だけど、移動日を除くと

マドリード2日、バルセロナは2日半しかなく、

意外に短い。

バルセロナは、見たい場所の候補が沢山あり過ぎて、
"Tripadvisor"を参考に絞ったのが・・・


 

カサ・バトリョ。バトリョさんちですね^^

この建物のテーマは”海”ということで、正面の壁は海面の様に波打ち、
内部は海底や海底洞窟が建築化され、屋上の煙突は煙が風に
ゆらぎながら昇る様子を表しているとか。

ここもライトアップされた夜も綺麗らしい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

マドリードに比べバルセロナの気温は24,5度で快適だけど、
地下鉄の構内はベンチが暖まっている程暑いので、地下鉄を避け
バスでカサ・バトリョからゴシック地区からランブラス通路線バス

 

ドライバーにバス停を確認したものの、マドリードと違って車内に
ディスプレイがなかったのに加えGoogleマップを見るのを忘れ、

乗り過ごすたらーっ

 

リルート^^し、ゴシック地区を抜け、レ・アール広場でこの日のフラメンコのお店を確認しランブラス通りでアイスクリームを食べていたら、雲行きが怪しくなってきたので、ホテルに戻る。

 

小休止していると雨が小雨になってきたので、フラメンコ(19:30〜)の前にオリーブオイル専門店”LA CHINATA”寄るので、早めにホテルを出るでんしゃ
ここねぇ。バルセロナに行く人には

是非行ってほしいお店。
スーパーの物より品質も良いのに安い!、

バルセロナ現代美術館のすぐ近く。

 

hatchmamがgetしたのは、アーモンド入りのパテとbody milk、
そしてお顔用のオイル^^

 

まだ、少し時間があったのですぐ近くにあるグエル邸へ。
中に入るまでの時間は無かったので、外から見ただけ。
マア、時間があったとしても見なかったと思う・・・
〜さんちは、そう違いが無いと思うからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラメンコは格安だったからか、

それなり、かな?

 

 

 

 

 

お腹が空いたので、ランブラス通りにある

サン・ジュセップ市場で、(TVで見た)クリームコロッケ、エビのアヒージョ、タコとポテトの○○をお腹に収めるムード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜遅くなってウロウロするのは嫌なので、地下鉄でホテルに戻った

女子二人なのでした。                                         

                                                                          to be continued.

 

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
-バルセロナ2日目-

 

 今回のスペイン行きの目的になった
サグラダ・ファミリアでんしゃ
地下鉄の駅の階段を上るとすぐそこにあり、
お友達に「ホラ!」と告げたら、
小さな悲鳴を上げた^^
それほど、その存在感を放っていた。

 

 

入場券をgetしようとしたら、ナント!当日の券は18:00以降しかなく、
エレベーター券は来週以降しか無く、明日以降の入場予約は
netでしか出来ないというたらーっ
netで予約ができる保証がないので、取り敢えず18:45の券を確保した。
予め予約しておくべきだった〜

 

気を取り直して、エルス・エンカンツのノミの市があるので徒歩で
ラス・グロリアス・カタラナスへ。
途中闘牛場があった。闘牛は週末しか見られないらしかったけど、予定が合ったとしても

見なかったかも・・・

ノミの市はパリのそれと比べると赤抜けなく

(失礼!)、触手が動かなかった。

 

続いて、カサ・ミラでんしゃ

”カサ”はスペイン語では、家の意味の様で、ミラさんちという意味ですね。
直線的で近未来的な建物が乱立し寒々とした感がする日本から見ると、
全て曲線で出来ている建物には、ほのぼのとした温かみが感じられる。
しかし、なんでまたこんな奇怪な物を屋上に作ったのか?

意味が解らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方サグラダ・ファミリアに行くし、バッティングしてしまった

フラメンコショーの日にちの変更の電話をして貰う為にホテルに戻る。
フロントの男性に事情を話し電話してもらうも、お店の電話に誰も出ない。
で、部屋に戻ってメールを見て貰う事を願い、一か八かメールを送るとすぐ
「通常は変更もキャンセルもできないが、特別に変更を受け付ける」と
返事が返ってきた。ヤッタ〜拍手

 

さてさて、サグラダ・ファミリアぴかぴか
予約をしてあったので、スムーズに入場。
外は勿論、中もこれでもかといった精巧さで作られてあったけど、
意外に狭く、綺麗に整い過ぎてちょっと興ざめ。
また、ガウディが彼自身の手で造った部分と他の者が作った所では、
明らかに細かさと風情の違いが感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドブックではライトアップされた写真が載っていて綺麗だったけど、
21:00からということで、そんなに遅い時間までウロウロするのは

危険?なので、ホテルに戻った女子二人なのでした。

                        to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
-バルセロナ1日目-

 

 

バルセロナへ向かうAVAに乗る駅は、
昨日訪れたソフィアの側のアトーチャ駅にあり、
回数券も残っていたけど、
スーツケースがあるのでタクシーで
(ベトナムでタクシーにボラれ通しだったので)
駅への道をGoogleマップで確認しながら、ネ!

 

駅の電光掲示板の前で、プラットホームNO.が決まるのを待っていると、
何処かで見たことのある人たちが・・・
JTBのガイドさんと一緒にトレドに行った家族だった。
彼らは、全行程の送迎をオプションで付けていたのね。
全行程とはいえ送迎だけで、一人18,000円x3って?高~い。

 

我がツアーは、飛行機代、ホテル代、トレドツアー、AVAの料金、
それに2か所のホテルへのみ送迎付き。
ホテルは、リクエストしないとダブルベッドになってしまうので、
ダメもとで予めツインベッドとリクエストしておいたYES!

 

マドリードのホテルは、写真を撮りたいと思うほどの部屋では無かったが、こちらは白をベースにした可愛い内装ハート大小
2階だったので街路樹の影がレースのカーテンに映り、良い感じハート大小
どちらも部屋にコーヒーセットが無かったけど、スペインではそれが標準なのかな?

 

荷物を開いて少しゆっくりしてから、最寄りの地下鉄の駅Les Corts(ラス・コルツ)に回数券(マドリードと同じ)を買いがてら、ホテルの周りをお散歩足

 

スペインといったら生ハムと言っていい程有名らしく、バケットのサンドイッチには普通に生ハムが挟んであった↑
また、日本ではバレンシアオレンジで有名の如く、

オレンジジュースが美味しかった〜

 

また、スペインはオリーブの生産が世界1

ということで、オリーブオイルで揚げたポテチ

(何処に行っても買う!)は、遅い時間に

どんなに食べても胃にもたれなかったグッド
この日も、体力温存の為に大人しく?早々と就寝。

                                            to be continued.

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
マドリード-3日目-

 

 

次の日は9:30の列車でバルセロナに
移動するので、最終日。
まずは、ソフィア王妃芸術センター
ピカソの”ゲルニカ”を見に行く。

 

 

 

検索すると、ホテルからバス1本で行ける様なので回数券で乗り込み
ドライバーにバス亭を確認すると、ディスプレイを確認する様に言われた。
確認しながら無事到着!便利〜

 

ここは誰も並んでおらずスムーズに入館。
ただブラブラ歩きまわっていると、一日が潰れてしまうので、

逐一場所を聞きながらご対面揺れるハート

 

”ゲルニカ”はお友達から貰った絵が自宅にあり、親しみを持って鑑賞した。

もう一つは、

ダリの”窓際の少女”。
ここは、殆ど写真撮影OKなので、撮りまくりムード
ミュージアムショップで額装したこの”少女”を持ち帰りたかったけど、これからあちこち行くことを考え、絵ハガキで我慢した。

 

続いて、旅行者が一度は訪れると言う旧市街のマヨール広場足
先月のテロの余波で自動小銃を肩からぶら下げた警察官をあちこちにで見、
警察の車もあちこちで見かけた。

休憩を兼ねて広場のカフェでアイスクリームをのんびりゆっくり食べ、
サン・ミゲル市場でパエリア(リベンジ?)を持ちかえり、ホテルへでんしゃ
翌日からのバルセロナに備え、

この日は早々と就寝。

            to be continued.

 

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
マドリード-2日目-

 

この日は、トレドツァーの集合時間が3時。
まずは、マドリードと言えば”プラド美術館

と挙げられる美術館へ。

ホテルから最寄りの地下鉄のMarques de

Vadillo駅へは、徒歩で凡そ10分。

 

(台湾の様にアチコチ曲がらず)ホテルからの道を真っすぐ歩けば着く。
地下鉄とバス共通の10回分回数券の”10 VIAJES”を買えば、
便利だと言う事は既に下調べ済みグッド

 

因みに、地下鉄はスペイン語で”Metro”なんですね。
フランス語でそう言うのは知っていたけど、スペイン語でもそう言うのね。
鉄道駅のinformationで、「subway」と聞いても通じず、
「underground railway」と聞いても通じず、ヒントになる言葉を
並べてやっと「Metro!」と言ってくれた。
地下鉄の英語が解らない人が、informationに座っているンだからね〜
総じて、スペインは日本と同じくらい英語が通じない人が多かった。

 

美術館”の入場券売り場前には数十人並んでいたが、中は広々としていて特にストレスなく、ゴヤの「着衣のマヤ」と「裸のマヤ」、エル・グレコの「胸に手をおく騎士の肖像」をチェック。
ここは宗教画が多いので中庭で一休みして、

移動することに。

 

スペインで有名なロエベとカンペールを物色しに、サラマンカ地区へ。
が、ロエベではデザインが気に行ったバッグがあったけど重く、
カンペールでは運動靴が殆どで品ぞろえが少なく、日本のカンペール
の方が良いと思った。

 

トレドのツアーはJTBのツアーなので、日本人のみ15人程の団体。
ガイドさんは歴史と美術に詳しいおじさんで、話し方がホンワカ

していたので、1時間程のお昼寝をしてしまった。

 

マドリードも暑かったけど、トレドはナント!38度!!
旧市街はベニスの様に迷路の路地ばかりでバスは入れないので徒歩で観光。

 

まずは、スペイン・カトリックの総本山であるカテドラル
そして、エル・グレコの傑作で有名なサント・トメ教会足
16世紀にエル・グレコが移り住み描いた風景と殆ど変って無い
というのは、すごいことですね。
日本は何でも新しくしてしまうから、古い物を大切にする文化は
ある意味羨ましい。

 

マドリードに戻ったのが辺りが暗くなり始めた8:00頃?
暗くなってからあちこちウロウロするのも嫌なので、地下鉄でホテルへでんしゃ
夕ご飯は、ホテルに向かう途中のレストランでパエリアを頼んだけど、
イメージするパエリアと違いリゾットの様なもので、味もイマイチで、それなのに高かった〜
                to be continued.

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
マドリード-1日目-

ただいま〜

個人旅行なのでハプニングは付き物で色々あったけど、昨日帰国しました。

これからしばらくスペイン旅行が続きます^^

お付き合いを・・・


横浜から羽田はリムジンバスで近いけど、今回はイベリア航空だから成田発。
検索すると遠いので経路は数限りなくある。
成田エクスプレスも魅かれたものの、リムジンバスで行くことに路線バス


マア考えてみると、アクワラインと違って東京の先に陸路を行くンだから

2時間弱は当然と言えば当然。

飛行機は直行便だから13時間程掛ったけど、バルクヘッド席だったので
さほど疲れは感じず、マドリードに到着拍手

 

ホテルの部屋は(煩い)エレベーターホールを避けて貰ってチェックイン。

辺りが暗くなっていたので、荷物を部屋に置いてから
すぐ側のスーパーに飲み物等を買いに出かけ、就寝寝る

 

 

 

スーパーのパンコーナー→
真ん中にあるステンレスの棒の付いた黒いボールで

パンを右側に移動させて、自分で袋に入れる

 

 

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

| hatchmam的地球の歩き方 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
Googleカレンダー


明日からの渡航に合わせ、
情報をセッセと頭とスマホに入力中です。
モバイルルーターを借りればいいのだけど、
数日となると結構な予算になる。
また、現地でWifiを使える場所を探せば
事足りるけど、どっちもね〜

 

今までその日のホテルからの経路は、ホテルのWifiで検索してから出かけ、

その後はオフラインでGoogleマップを見ながら行動ムード

 

今回、ルートをiPhoneに最初からあったアプリに保存できることが解り
保存していたけど、使い勝手がイマイチ。
で、もう一つのGoogleカレンダーに保存してみたら、こっちの方がYES!
地下鉄やバス停までの経路もオフラインで確認できた。

 

・・・が、マドリードのホテルの最寄りの地下鉄の駅から目的地の
検索をしたら、この線のみ”運休”と出たたらーっ アレ?
更に検索すると、7/3-9/3まで運休中とか。
私達って、何てラッキーなんでしょう!
向こうに着いて、動き出すのは9/5からだからね〜

 

ベトナムでも、空港からのバスの開通があって格安で移動出来たり
ラッキーだったのよ^^
バルセロナでは、手元のガイドブックには乗って無かったけど、
去年から地下鉄で空港まで行けるようになったとかね拍手

そもそも、成田-マドリードの直行便が就航されたのは去年の末で、
それからポルトガルとスペインが気になり始めたンだけどね。

 

行く前にこれだけのラッキーがあったので、現地でも多くを望んだら
バチが当たるね。
なので、普通に楽しんできま〜す飛行機

 

 

 

| 電子機器関連 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
創作折り紙展

 

開催期間が長かったので、
延ばし延ばししていたら、
気が付いたら旅行間際。
同行出来るお友達を誘って、イザ王子へでんしゃ
王子は山手線から外れてるし、メチャマイナーな
駅だけど今年はこれで3度目。
何かあるのかな?

 

普通折り紙と言ったら鶴とか飛行機でしょ。
”吉澤章”さんのそれは、一枚の紙でカニやゾウ、恐竜まで作ってしまう。
日本人は手先が器用だと言われているけど、彼は特別拍手
魔法の手だな〜

 

研究室のインド人研究員に鶴の作り方を教え、帰国するまでにマスター
したほうが良いと話したけど、難しい・・・と。
鶴は折り紙の基本だから、これが出来たら日本人ができる殆どの物は
出来るようになると思ったンだけどね。

 

目的地は、飛鳥山公園
モノレールがあったのでそれで山?丘に上り、子供たちの公園を抜けると、
紙の博物館」。

 

展示物の説明をしてくれたおじさんに勧められ、すぐ隣の渋沢栄一史料館へ。

彼は近代日本の経済界に大きく貢献した人と思っていたけど、
今回、教育、福祉の分野にもその力を発揮していた事を知り、
同じ人生でも、これほど充実した人生を送った人もいるのかと

プチジェラシー。マア、到底比べる対象ではないンですけどね。

 

前回、安くて美味しかったイタリアン”TRATTORIA Infante

(トラットリア インファンテ)”でランチ後、近所の姪のバッグが

展示されていると小耳に挟んていたので、日本橋三越へでんしゃ
写真を撮って彼女に見せてあげようとスマホをかざしたら、後ろから
声を掛けられた。

 

ビックリした〜
まさか、本人が来ているとは思わなかったからね。
この日は、偶々午後から商品説明で立ちあうことにしたとか。
彼女のバッグは、今春ファッション誌にも掲載されたし、米国から

取引をしたいとオファーがきたり、着々と前進してるンだよね。
これからどうなっていくのか、楽しみ^^

 

 

 

| 私のお出かけ | 13:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
ジャコメッティ展

札幌からお友達が上京してきたので、涼しくて混雑しない場所での美術鑑賞。
国立新美術館は乃木坂駅直結だから、楽ちんYES!
この展示は、BSのTVで見ていて興味を持っていたしね。

先週のボストン美術館展と比べると、子供はいなかった。
日本ではあまり知られてないせいか、大人も少なく、
外国の美術館の様に、ゆっくり自分のペースで鑑賞することができた。

 

鑑賞前に入口の椅子に座りお昼頃迄積もる話をしていたので、
鑑賞後は喉は渇きお腹もすいた。
で、検索済みのお店にGoogleマップを頼りに、辿り着くもランチは終了泣き顔

やむなく、そのお店の人が教えてくれたお店”GORI”に入ったがこれが正解。

漢方牛を食べたかったけど終了していたので、漢方豚を注文したお友達から

少し頂いた漢方豚が美味し〜いチョキ
厚みもあり量も200gありそうで、次回美術館に行った時は是非リピしよう。

 

お腹と心が満たされた二人は、座り心地の良い椅子でお喋りを楽しむべく^^

ミッドタウン足
六本木ヒルズの入口では、大勢のドラエモンがお出迎え?
近くのTV局で夏祭りをしていたので、そのプロモーションだったのかな?

ミッドタウンでお喋りをして、デザートを食べてお開きとなりました。

 

最高気温はそう高くなかったのに、東京は特に蒸し暑い。
今年の夏は梅雨時の様に湿度が高く、疲れるわ〜

 

 

 

| 私のお出かけ | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボストン美術館展

 

夏休み中の週末は何処に行っても激混み泣き顔
北海道の中心の札幌と違い日本のそれの東京は、

嫌になるほどの人、人、人。
目的の会場を抜けランチと思いお店に行っても、
並ぶのは当たり前泣き顔

だから、店先に椅子が用意してあるのも当たり前。
こちらの人はもう慣れっこになっている、思う。

 

本当は池袋の水族館で空飛ぶペンギンを見たかったけど、止めた泣き顔
で、涼しくて対象が子供ではなく、混んでいそうもないと判断した

上野の東京都美術館でんしゃ

 

今回は一つの美術館に絞った展示だから、和洋混じった色んな作品が鑑賞
できる半面、好みでは無いものもあり満足感に欠ける。
マア、この日は特にここに行きたかった訳ではないので、その辺は想定内。

混雑は、程ほどで妥協の範囲。


この時期TVで帰省客の混雑状況がニュースになるのは、例年の事。
東京は半分以上が地方出身者ということだから、この時期帰省する人が

多いかもね。

 

鑑賞後に駅前のさくらテラスで石焼きビビンバの

ランチ後、久々にアメ横見物をし、パンダのケーキ?

を食べてお開き。

 

帰路、本日お出かけした目的である

菊廼屋-きくのや-の「冨貴寄」 を買いに渋谷で

降りて、マークシティへ寄って帰宅の途へ。

 

この「冨貴寄」 ね。
高島屋のお中元で札幌のお友達に送ったら、全員から「可愛くて美味しくて、お菓子の宝石箱の様失恋」と絶賛されたので、姪たちの喜ぶ顔が見たいと思ってね。
これを開けた瞬間顔が綻ばない女子はいない、

と思うよ。なので是非!

 

 

 

| 私のお出かけ | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ